他の52代男子に浮いた話が無いことを憂えて彼が発した一言。あまりに無さすぎることから、もはや人間であることすら疑うレベルらしい。