とある寒い日の飲み会の席で、某OBが愛しの後輩にこたつの中でちょっかいをかけているのを見て彼女が放った一言。