詰襟がうろ覚えのお菊の皿(喬太郎音源)を再現した際の発言。部室内で行われた数学上の大発見である。
ここから数の世界が実数、複素数と広がって行く。