鍋会中に、おいてあった姿見(小)をおもむろに抱き始めた遊桂.

自分で自分を抱いてしまった感想は、本人のみぞ知る.