バイトが終わり、疲労した状態で部室にやってきた遊桂に対して詰襟が放った第一声。

イギリスのEU脱退が世間を賑わせていたある日の夜のことである。