ある日の部会後、所作について悩んでいたやす氏に対して、詰襟はこのように助言した。

彼の言葉には、含みも他意も無い。