学祭合宿前の最後の飲み会にて、悶え苦しむ先輩へ与えられた一つの答えである。
その言葉には明らかにはてなマークはついていなかったし、表情からはの達観したパンツ観が伺えた。

追記:「所詮なんて言ってないですよ」と本人は弁明している。