有能な後輩が不在だった新年会にて、片づけする人を決めるジャンケン大会が幕を開けた。

ジャンケンに勝った人がやるのか負けた人がやるのかを決める前から、

「いや~、おれ、勝ちたくなくても勝っちゃうわ~」と満面の笑みを浮かべてジャンケンに臨んだリアスであったが、


お き ま り

 ですね、

もちろん最下位。2回連続で負け。

ちなみに、1位の人と最下位の人の二人が片付け主任になったので、いずれにしてもリアスは片付け主任の運命から逃れられなかったわけである。