某・孤独のグ○メとそっくりの語り口調でひそかに始まる。

元ネタの再現率の高さと声を張らないことに定評がある。