テラ(10の12乗)とメガ(10の6乗)の間、あるいはそれらを超越している”やばさ”を表すことば。

漫研を兼部している淀橋家 米良の浮世絵トレース技術および画力の高さに敬意を払い、作られた言葉である。