農部近くに新しくできた中華屋にて,見かけ通り小食だと思われていた毛家 姿悶がチャーハンの大盛りを注文した。
初めて来たお店で痩身の姿悶が大盛りを注文したことに驚きを隠せない一同に対して,

「まぁね。俺、実は結構食べるよ。普段は小食のフリをしてるだけ。」
と、姿悶はさらっと言った。

数分後、ラーメンどんぶりと思わばしき器に山盛りになったチャーハンがだされ、なかなかの大盛りぶりに感心した一同であった。

が、さらに数分後

姿悶「あ、これ食べきれないから、音色食べて」



“小食のフリ”がどのようなものであるのかは迷宮入りの謎となった。

あるいは農部女子に対して,「私、結構食べるの♪」を装って最終的に男子に頼るという女子力高めのテクを披露してくれたのかもしれない。