落研の女は保険(修平)


彼がまだ一年生の頃の話である。

修平氏「彼女欲しいんですよねー」
夫人氏「そっかー。でもやっしーはイケメンだし最近は落研にも女の子多いから、落研で彼女作っちゃいなよ」
修平氏「まあ出来ますけどー。でも落研の女の子って割と簡単に落とせそうじゃないですか。僕はもっと上を目指したいんですよねー」



人は変わるのである。