2011年11月中旬から工部室に出現するようになったビッグなお方。
普段はどこからどうみても小物なのだが、その実、小物の皮をかぶったビッグなお方だったことが判明した。
あまりのビッグさに工部室固有種達は高座名で呼ぶのをやめ、尊敬の念を込めて彼を「ビッグさん」と呼ぶことにした。

ビッグさんのビッグ伝説
  • 普段の小物っぷりは周囲をだますための演技
  • 滑舌が悪いのはビッグなことの弊害
  • ビッグさんの財布には、引き継ぎ当日に7000円もの大金が入っている
  • しかも、周囲には「5000円しかない!」とビッグさんならではの配慮を見せる