色っぽく横たわる海亭 栄和を見た巴里亭 秋楽の一言

栄和氏は新しいお気に入り、技術家 左近の太ももに手を添えたまま、寝息をたてていた