誰もが47代に九六がいればなぁ、と夢見る中で射夢が放った一言

それまでの日々でなにやらうっぷんが溜まっていたのか、射夢はあらん限りの声を張り上げ、床を叩きながら演説した。
自らが自分の代をどう思っているかと…

心優しい射夢の大演説を聞いて、落研人は心を射ぬかれて美味しい酒を飲んでいた。
中には鼻血を出すものもいるほどの熱気を持っていたらしい。