ユニに男としての不甲斐なさをダメ押しされた八嶋はとうとう雄たけびをあげた
さんざん自虐の限りをしゃべりつくして、最後にはいつものように丸くなってしまった

そんな変わらない日常の一ページ
ただこの日だけは声が大きく、この一言は遠い列島まで響き渡ることとなった


しかし、この一言。完全に周知の事実である