クソムシが!(音色)


元ネタは、漫画「惡の華」のヒロイン・仲村さんの口癖。
この作品を愛読する音色は、酔うと度々「クソムシが!」と言い放つ。

だけどそんなとき、音色をよく見て欲しい。
とても淋しそうな目をしているはずだ。

そう、本当は彼自身が「クソムシが!」と言われたいのだろう。
それなのに彼は今日も「クソムシが!」と叫び続けるのだ。
そのことに気付いた僕達は、なぜだろう、音色が愛おしくてならない。

添付ファイル