※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ビッグバーンドラゴン
マスターボルケーノ
ブレイジングソルジャー
火炎の剣豪



《ビッグバーンドラゴン》

効果モンスター
星6/炎属性/炎族/攻2200/守1700
手札を1枚捨てる。
このカードはこのターン一度のバトルフェイズに2回攻撃する事ができる。

☆幻魔ネタの人の鑑定結果

地味ながらなかなかに強い炎族の切り札。
《火口に潜む者》で特殊召喚する筆頭候補だろう。
条件をそろえれば4400のダメージをたたきだせるのは脅威としか言いようがない。

  • ビッグバンドラゴンのリメイク。
    コストがあるとはいえこの能力値で2回攻撃というのは、状況次第ではひどい気が… -- 名無しさん (2007-06-14 18:49:29)
  • 手札2枚の消費で連続攻撃するなら《不意打ち又佐》に《デーモンの斧》を装備したほうがダメージ効率がいいので、属性や種族を活かしたいですね -- 名無しさん (2008-11-10 00:06:32)
  • コンボある
    禁止にぎりぎりかもしれない
    結構強いと思う
    -- 名無しさん (2008-11-20 18:29:11)
  • サイバー・ツイン・ドラゴンでおk -- カイザー (2008-12-17 14:03:06)
名前:
コメント:

《マスターボルケーノ》

効果モンスター
星5/炎属性/炎族/攻2100/守1300
自分フィールド上の炎属性モンスター1体を生け贄に捧げる事で、
相手ライフに1000ポイントダメージを与える。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

  • 《ミスターボルケーノ》が元ネタっぽいね。
    自分も生け贄に出来るのでトドメには使えるかも。
    効果使って攻撃出来ないわけじゃないし。 -- 地竜 (2007-06-21 20:40:29)
名前:
コメント:

《ブレイジングソルジャー》

効果モンスター
星4/炎属性/炎族/攻1700/守1150
自分フィールド上に表側表示で存在する炎族モンスター1体につき、
このカードの攻撃力は200ポイントアップする。

  • 《バーニングソルジャー》が元ネタか。
    実質攻撃力が1900なので炎属性の主力として。
    《超熱血球児》と違ってロックカードで止まり爆発力を欠くものの
    単体でも使え、安定性があるだろう。 -- 地竜 (2007-06-21 20:45:03)
名前:
コメント:

《火炎の剣豪》

☆4 炎族 炎属性 攻/1700 守/1100
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
相手ライフに500ポイントダメージを与える。

  • 《炎の剣豪》のリメイク版。
    相手モンスターの戦闘破壊によって追加ダメージを与える効果は
    少なくても弱くはない。
    が、戦闘モンスターとしてはやや力不足か。 -- 地竜 (2007-06-21 20:51:17)
名前:
コメント: