※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

読み物第一回目




《ジャンクロイド/Junkroid》
効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻   0/守   0
このカードの攻撃力は、自分の墓地の「ロイド」と名のついた
機械族モンスター1体につき400ポイントアップする。

強さ:★★☆☆☆
面白さ:★☆☆☆☆
ローゼンメイデン度:★★★☆☆

 第一回目なので勝手に製作していたオリパ(ごめんなさい)からの抜粋で行きたいと思う。
 なお、可能な限りは英語版の名前も書き込んでいく事とする。

 さて第一回目は【ジャンクロイド】である。GXの翔が使うモンスターは可愛らしくデフォル
トされた、名前に「ロイド」が付くモンスター群である。
 その中には【サブマリンロイド】や【ドリルロイド】、【スチームロイド】などの実戦的にも
役に立つモンスターも多く人気の高いモノである。

 【ジャンクロイド】はそんな一体。ジャンクとは鉄屑(てつくず)を指し示しているので、鉄屑
処理場で見受けられる磁力によって鉄屑を運搬する機械のモンスターと見るべきか。
 効果は至ってシンプル。【カオス・ネクロマンサー】の効果の【ロイド】版である。
 ただし、カオス・ネクロマンサーの効果が1体に付き300ポイントアップなのに対し、
ジャンクロイド】400ポイントアップの効果の代償として、加算対象はロイドと名の付く
【機械族モンスター】限定なので、【ダークジェロイド】というセコ技も通用しない。

 しかし、爆発力は見張るモノがある。5体で2000、6体で2400と後半に向けて爆発的な力を
発揮していく。8体以上並ぶと力技で止めるのは至難の業だろう。
 弱点は【収縮】などのカードか。相手が【ロイドデッキ】でなければ奪われてもさほど被害は受け
ない。不安感は残るが、ロイド系を使用したファンデッキの中核を担う実力を秘めていると云える
だろう。

 【ジャンクロイド】は融合して【スーパービークロイド-スクラップ・ローダー】に進化できる。
 このカードに進化すれば一気にゲーム・エンドカードと化す。闇属性なので【オーバーロード・フュ
ージョン】が使えるのも地味に嬉しい。【ロイドデッキ】の新たな可能性を開拓するカードと云っても
過言ではないだろう。

 しかし筆者がジャンクと聞いて思い浮かぶのはローゼンだったorz 半分はVIPマリオの影響だが。

アクセス数: -

名前:
コメント: