※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


地獄
天国
墓場からの誘い
ボンコツ・ワールド



《地獄》

フィールド魔法
自フィールド上に存在する「ヘル」と名のついたモンスターの数だけ相手モンスターを選択する事ができる。
このカードがフィールド上に存在する限り、選択したモンスターは
攻撃できず、表示変更をする事もできず、フィールド上から離れる事もできない。
自分のエンドフェイズ時、
このカードの効果で指定したモンスターの数×200ポイントのダメージを相手ライフに与える。

  • ロックカードだがフィールド魔法とちょっと変わり者。
    発動タイミングがかかれてないが
    メインフェイズ中に一度効果が発動できるということだろう。
    対象モンスターは少ないが効果は名前の如くけっこうエグイ。
    全てのモンスターを封じれば相手にとってまさに《地獄》だろう。 -- 地竜 (2007-06-13 15:55:09)
名前:
コメント:

《天国》

フィールド魔法
互いのスタンバイフェイズの時、お互いのプレイヤーはフィールド上に存在する
「天使」と名のついたモンスターの数×200ポイントライフを回復する。

  • 毎ターンライフ回復するフィールド魔法
    最大1000回復するもののモンスターの数に依存するのは不安定。
    そもそも天使と名のつくモンスターが少ない。
    使えそうなのは《お注射天使リリー》《ヒステリック天使》くらい。
    毎ターン安定して回復する《神の恵み》のほうが強いんだよな。 -- 地竜 (2007-06-13 16:02:34)
名前:
コメント:

《墓場からの誘い》

通常罠
自分の墓地に闇属性モンスターが10体以上存在する時に発動する事ができる。
フィールドのカードを1枚選択し、墓地に送る。

  • 発動条件は厳しいものの破壊するカードの種類を選ばない万能な除去カード。
    《キラー・トマト》や《ジャイアントウィルス》 など場を固めつつ
    墓地を肥やせるカードを駆使して素早く発動出来る様にしたいところ。 -- 地竜 (2007-06-13 16:10:50)
名前:
コメント:

《ボンコツ・ワールド》

フィールド魔法
機械族モンスターの攻撃力は自分の墓地に存在する
機械族モンスターの数×50ポイントアップする。
ドローフェイズ時に機械族モンスターをドローした場合、元々の攻撃力と守備力を0として扱い
通常モンスターとして自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

  • 前者の機械カード一枚につき50アップは計算めんどそうw
    ただ微量ながらも永続的な攻撃力アップは意外と厄介そうです。
    特にガジェット族と相性がよさそう。
    後者は《D-HERO ダッシュガイ》弱体版のような効果。
    攻撃力アップはあったとしても攻撃力はほぼ0、効果なしで
    場に出るので闇雲に使う効果ではない。
    《月の書》で強引にリセットするか生け贄として活用しよう。
    闇属性のモンスターならば、《死のデッキ破壊ウイルス》の媒体に使えるぞ。 -- 地竜 (2007-06-13 16:21:28)
名前:
コメント: