無題1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

彼には目的があった。為さなければならないことがあった。

妹のために全てを犠牲に捧げてきた。
他人がどうなろうと関係ない。

利用できるならする。そうじゃないのなら、消す。

このゲームも全ては利用価値があったからプレイしていただけ。
運営を信用する気はないし、このイベントの目的も知ったことではなかった。

彼には妹さえいればいいのだから……しかし、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「おいおい、遊璃がいないじゃないかよ?」

青年は不平を漏らした。ログアウトできなくなっていることに対してではない。そんなこと、どうだってよかった。

もともと、このゲームはとある計画のために利用できる考え、無理矢理遊璃と叶を巻き込んでアカウントを作ったのだ。

しかし、自分のそばに遊璃がいないとなると話は別。

(とにかく、遊璃を探すのが優先か……ま、このデッキがあれば、そう簡単に……)
「ん?」

デッキを見る。そこで固まった。デッキは彼が愛用するサイバーではなかった。

(スクラップ……運営側の仕業か?そもそもここの運営自体が信用できない。場合によっちゃ、運営と事構えることになりそうだな)
「さて、これからどこに行くべきか……」

愛しの妹を探すのは当然といった感じだが、手掛かりが無さすぎる。
孤島とはいえ、闇雲に探しても見つからないだろう。

(まずは情報収集。RPGの基本に立ち返れば簡単なことさ)

ちょうど近くに市街地がある。

(ここならなんとか情報が集まるだろう。他のデュエリストに会った場合は……なれないデッキだ。あまりやりたくはないんだが、下手に出て手下になるってのも手か?)

デュエルを挑まれると拒否権はないため、あまり受けたくはないというのが彼の本音だった。だが、このゲームではチームを組むことが認められている。
チームを組めれば、有利に働くと見ているのだ。優秀な人材好きなら、あるいは簡単にチームを組めるのではないかと考えていた。

(臆病と罵りたいなら、いくらでも罵れ。簡単にデュエルしちまったら、運営の思う壺だろ?)
「抗えるなら抗ってやるさ。願うなら俺のパートナーになるのが運営に対抗できるような駒ならいいんだけどな」

まずは市街地で妹探し。それが先決だと考えた。

【場所・時間】E-7 0:15
【参戦時間軸】大会前夜
【状態】デュエルに対して、少し臆病
【デッキ】スクラップ(巧@遊戯王ASS)
【思考・状況】
1. 遊璃について情報収集
2. チームを組むデュエリスト探し
3. 運営に対して不信感
【備考】
運営に対して、対抗しようと思っていますが、今の自分の戦力では対抗できないと分かっているので、明らかな対決姿勢は見せていない。
ルールに基づいて行動することで、運営側に信用を取り付けようとしている。


時系列順 [←前へ|次へ→]



キャラ別
新谷 遊輔[←前へ|次へ→]無題6