勝ちを望む者と、敗北を覆したい者


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

汐音達が謎の襲撃者に慌てふためいてる時と同時刻、D-5付近にて。
デュエルに負けてデッキを奪われた誠護は、宛てもなくぶらぶらとさ迷っていた。

別に、勝者である巧に対して嫌悪感の様な物はない。(デッキが違えば、勝てる自信はあったから、と言うのが一番大きいが)
いつかはリベンジするつもりだが、何よりも無くなったデッキを何とかしなくては話にならない。

……正直、デッキをどうにかする方法なんて誠護には判らなかった。

誰かからデッキを奪うなり、借りるなりすれば話は違うと思うが……自分のデッキを貸し与えれる位に、赤の人物と、この短時間で信頼関係を結べるとは思えない。
かと言って、デッキを奪いたいかと聞かれればそうでもない。

……結局は、誰か知り合いが居る事を願いながら、ぶらぶらする事しか出来ない自分に、歯痒い思いをするしか無いのだ。



「……くそっ」



沈黙に居たたまれなくなり、道端に落ちていた小石を、自分の鬱憤を込めて蹴り上げる。

放物線を描いて飛んでいく小石を目で追いかけていると……小石の先、詳しく言うなら小石が飛んで行った方向に、二人の人影を見つけたのだ。

小石の落下音に気付いたのか、向こうもこちらへと向かって歩いて来ている。
誠護は、少しだけ考えた後、自分のその人影へ向かって歩きだした。

何をするにも、まずは情報。
仮に相手がなりふり構わずデュエルを仕掛けてくる相手でも、自分はデュエルを行えないのだから関係ない。

自分の利を打算しつつ、誠護は真っ直ぐ歩いていく。

最終的にはどうするのかは判らないが、今の彼を動かす気持ちは、とりあえずはただ一つ。



巧へのリベンジ、それだけだった。



{D-5―4:30頃}
【滝山遊大@LIAR遊戯王SeasonⅣ】
[時間軸]不明
[状態]健康
[デッキ]A・O@水巻汐音(E・G・O)
[思考・状況]
1:目の前の人物と接触。
2:自分のデッキがどこにいったか気になる。
3:この世界から脱出する(とりあえずは参加者を倒すつもり)
[備考]
※とりあえず、汐音の事は諦めました。



【新羅 誠護@遊戯王soul・link】
[参戦時間軸]不明
[状態]敗北によりストレス溜まり気味。
[デッキ]無し
[思考・状況]
1:巧にリベンジ
2:デッキと情報の確保
3:目の前の二人と接触
[備考]
※オーシャンを人間と勘違いしていますが、流石に近付けば判ります。