木下 遊吉郎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

性別:男/年齢:17歳/出演作:「遊戯王e-Squire」(作:プリ兄)

「遊戯王e-Squire」の主役。150㎝代後半の小柄な体躯、すぐ伸びる鼻の下、その場の空気に流されやすいお調子者な発言、変t……紳士的性格から、猿と揶揄される。へりくだった口調は平民時代の1年間で会得した処世術の一つ。一人称は「僕」、二人称は「あなた」または「(名前)さん」。

本土都心より南方およそ255㎞付近、太平洋上に浮かぶ巨大人口島「郷士島」に設立された、全寮・寄宿制の名門デュエル学校「群遊学園」の生徒。入学後1年と数ヶ月を、どの組織にも所属しない平民として過ごしてきた。が、「終理(おわり)生徒会」当主・織田信凪にスカウトされたことで彼の学園生活は風雲急を告げる。参戦時間軸現在は信凪に次ぐ副当主として拾われた恩を返すべく尽力している。彼の連勝記録は不敗神話として有名になっているとかいないとか。

『自称』光の魔導を究めし美姫こと、精霊《久遠の魔術師ミラ》と契約を交わしている。自分を「このミラ様」なんて言ってしまうように横暴かつぶっきらぼうな性格から、こちらの愛称はちびヤクザ。現主人である遊吉郎をマスターと呼び不器用ながらも慕っている。前の主人である徳川癒とともに異世界を渡り歩いてきたため大抵のことには動じないが、遊吉郎の紳士発言には手を焼いているようだ。

そんな二人の目標は「普通であり続けること」。精霊が見える普通の人間と、決闘に勝ちたい普通の精霊。そのタッグで普通の主人公。彼らの絆は未来永劫、不変にして不滅である。



使用デッキは【エターナルソフィア】。「永劫なる叡知」をテーマとする神装兵団であり、アイデアの出元はミラのため服や武器の意匠はミラそのものに酷似している。遊吉郎とミラが二人で作り上げた、二人のためのカテゴリーといえる。

エターナルソフィアシリーズのほとんどがミラと同様、召喚時に効果を発揮するモンスター群。効果の発動を魔法や罠で妨害できない特徴もある。さらに、癒譲りのエターナルとのみ名のついた魔法・罠カードを搭載。こちらは発動後、条件を満たせば相互にデッキからサーチできるという、単純ながらも強力な効果で揃えられている。途切れない兵站は相手によってはそれだけで脅威になり得るであろう。

参戦時間軸現在の切り札は、光属性レベル4モンスター3体を素材としたエクシーズモンスター《エターナルソフィア・マスターオブライトニング》。背中に羽を抱く天上の守護者であり、「電光石火」の名の通り雷撃を司る。ガード不能の直接攻撃能力から主な役回りはフィニッシャー。

攻撃名は『スパイラルダンス』。召喚口上は「永久(とわ)に続く知恵を束ね、主を導く明日への架け橋となれ!」。ちなみに、攻撃名は遊吉郎が、口上はミラが叫ぶことが多い。