※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

image plugin error : 画像URLまたは画像ファイル名を指定してください。

生徒データ


本名 レオ
年齢 ??歳
性別
職業 天使


パーソナルデータ

美少女
身長 135cm
体重 20kg
特技 笑顔
一人称 レオ
血液型
口調 舌足らずで甘ったるい


能力データ

絶対愛の守護(ラヴァー・スケープゴート) レオが 一番愛する者 を“まもる”能力
愛する者が 自身 の場合 ちょっとやそっとじゃ死なない、事実上天使のような存在になる。だが、痛いものは痛いし死ぬときは死ぬ
愛する者が 他人 の場合 愛する者の全てにおいての身代わりとなる。対象の痛み、苦しみ、傷など全てを受け入れる。
つまり、対象の腕を折った場合、レオの腕が折れるということだ。この時のレオは天使でもなんでもないただの幼女なため、すごく脆い


概略


ビビットピンクの瞳、光の加減で虹色に輝く白髪の翼のようなツインテール、ビビットピンクのリボンが胸元についた白いワンピース、真っ白で華奢な身体……。どっからどう見ても天使なとってもかわいい幼女!

が、喋ると超悲惨なことになる。それがレオである

無垢であどけなく、基本的には普通の小さな女の子なのだが、言動が性的に下品。
なぜこのような言動になったのかと問われれば、それは全て母親……を含めた、村の人間全員の仕業である。
レオの母親の元にレオが生まれたとき、村長が「こんなにかわいいおにゃのこを無垢エロ天使にしたら最高じゃね?」と思いつき、村民両親全員同意。……結果、見事無垢エロ天使レオ様が誕生したわけだ。

レオ的にはその言動は当然で必然。「おかしい」と言われても、当の本人には「おはようございます」ぐらいに普通な言葉が否定されているようにしか思えなく混乱してしまうので、じっくり時間をかけて矯正してあげる必要があるだろう。




村民からの手紙







拝啓、能力者高校 様


はじめまして。わたくしらは無垢エロ天使レオ様を育て上げた両親、村民でございます。
いきなりそのような天使が訪れたことに混乱なさっていますでしょうが、心配はありません。レオは基本的に誰にでも優しい天使のような天使です。
ですから、仲良くやってくださいね。

さて、何故このようなお手紙を差し上げたのかと言えば、レオは当分そちらに預かってもらおうと思っているからでございます。いえ、預からせてあげる、という言い方が正しいですね。
その理由は、レオを外部のコミュニティに慣れさせたいという目的と、そちら方に無垢エロ天使の良さを広めたいという純粋な善意でございます。
まあ、このような角ばった形式でお手紙をさしあげていますが……、あまり緊張せずうちの天使と仲良くやってください(笑)
では、レオをよろしくお願いいたします。


両親、村民一同




-
|