※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

生徒データ


本名 佐々木小白(ささきこはく)
容姿 黒髪、長い髪を後ろで結っている。美少女顔で撫で肩、女装趣味の男の娘
年齢 17
性別
国籍 日本
職業 学生・瓶朴斎流剣術師範代
所属 能力者高校

パーソナルデータ

 身長   168cm
 体重   53kg
 人称    私(わたくし) 
 血液型   A 
 戦闘スタイル    人外の能力を活かした多彩な剣技 
性格 所謂お嬢様言葉、こんなでもノンケ、可愛いものが好き


覚醒能力データ

能力名 刀剣精製
説明 刀や剣と言われる物を三本まで作り出す、長さは2mまでが限界。
体質 半妖
説明 人外である証明、発動中は目が琥珀色になり、自然治癒能力や身体能力が格段に上がる、半分以上人間である為、限界がある
必殺 燕返し
説明1 佐々木小次郎が、燕を切り落とす為に編み出した究極の斬撃
説明2 半妖状態かつ、物干し竿装備状態でのみ使用可能、肉体の限界を大きく超越する為、直後3時間戦闘不能になる
説明3 相手の前を通り上下と左右を塞ぐ二つの半円軌道の斬撃を全く同時に発生させる、回避するには後退するほかない

佐々木小次郎の末裔で、ぬるりひょんの曾孫という不思議な生い立ち。

幼少期より実家で「瓶朴斎流剣術」を学んでいたが、精神の未熟さを克服する為に学校へ来た。義務教育は理解しているようだ。

世間知らずで純粋で、硬派な侍だった頃の面影はもうなく、女物の服に身を包み、お嬢様口調で喋る『レディ・ボーイ』になった。

こうなった経緯:木立見梨花子に花札で惨敗し、罰ゲームとして女装で歩き回っていた所を真雄と遭遇、梨花子の悪ふざけのせいと、自分を含んだ男の娘が三人集まったことで(自分、真雄、藤田)何かが吹っ切れ、SAN値が反転、こうなった。

剣の腕は落ちるどころか、無理に力強さを求めることがなくなったせいか、より柔軟で素早くなった、日々の鍛錬はこうなっても欠かしていない。

二つ目の人格とかではなく、完全な精神崩壊による性格の反転

好きな服装はフリフリでピンクなロリータ

広島出身
|