※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そうこうしているうちに放課後になった
ひとまず俺はのんびり帰る・・・のではなく
すこし甘いものを食って頭を冷やそうと思って
適当に歩いていた
すると

ドッ


いきなり誰かがぶつかってきた

????「すみません」

聞き覚えのありそうなその声の主は分からない
金髪で黒いマントを被った中学生ぐらい
声は男

「いえ。問題ないです」

と言ったときにはその男はすぐに走ってどこかにいってしまった
一体なんだったんだ?
と思ったら・・・

「あれ?落し物?」

道端に落し物があった
拾ってよく見てみると

黒野雷気の持っていたペンダントだった


それと偶然同じというわけではなく
それそのものだった
アイツが肌身離さず持っていた。そんな感じがする

気がついたら俺は黒マントの男を追いかけていた

続く
|