※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

人物データ

警備部隊勤務 アラン・J・ロックウェル

特殊装備画像

+ ...

年齢 44歳
性別
出身地 アメリカ合衆国
所属組織 能力者高校警備部隊
係り/職業 武装警備員

パーソナルデータ

身長 192
体重 84kg
愛用武器 ナイフ、銃器
特技 狙撃・寝ること・戦争・諜報、対テロ、暗殺活動
人称
親友 雪緒、LARP、ダニエル


人物略歴

過去:(経歴書から読み取れる部分のみ)
判明しているのは、彼がアメリカ合衆国ワシントン州で小さな貧乏バーガーショップを経営する家庭に生まれたこと。日系2世の母方の祖父が代々魔術を継承してきた家庭の生まれであり、幼少より魔術の教育を受けた魔術師であること、などである。
母とは幼い頃に死別し、頑固にして昔気質な父親の手で育てられてきた。ハイスクール時代は祖父の家に入り浸って魔術を習熟、ハイスクール卒業と同時に、父に負担がかからぬようにと生活費もろもろを負担してくれる就職先として米軍を選択、訓練期間を終えて海兵隊へ志願する。
もともと努力家であったことや身体能力の高さをフルに活用し、アランは海兵隊の中でも最精鋭が集まる海兵遠征大隊へ配属。のちに海兵隊の虎の子、海兵武装偵察部隊(フォースリーコン)の魔術運用小隊へ配属される。
フォースリーコン時代に第二次湾岸戦争(世界観資料参照)をはじめとする局地紛争および戦争へ投入され、そこで 数多くの少年兵を射殺 したことを一種のトラウマとしているが本人ははっきりとは自覚していない。しかし夢にはたびたび射殺した少年兵たちが現れ、彼を苦しませるようである。
第二次湾岸戦争で 子供殺し核兵器による多くの戦友の戦死 という強烈な心理的負荷を植え付けられた彼は、さらにワシントンで行われた核兵器テロで父親を失っている。

以下、経歴書外の情報

第二次湾岸戦争での実戦経験のある魔術師にして精鋭軍人という経歴を買われたアランは、ワシントンテロの首謀者たるテロ組織Emeth殲滅の任務を負った先進国合同任務部隊TaskForce57への分遣命令を受諾。以後第三次大戦終結までEmethを追跡するが殲滅には至らず、代わりにTF57の同僚のほとんどがまたも戦死してしまう。
度重なる戦友や肉親の死、戦場の地獄じみた光景にいちどは精神崩壊しかけるが、彼は戦死した部隊長から与えられた あらゆる障害を排除し、Emethを必ずや殲滅せよ という任務に自分の存在意義を見出し、戦後復興社会に紛れ込んだ彼らを抹殺するために再度立ち上がる。
生き残ったTF57の仲間や三次大戦で辛酸をなめてきた知人をかき集めたかれは、テロリストの汚名をかぶる覚悟で潜伏していたEmeth構成員の拠点へ奇襲を敢行。見事戦友たちの敵を討ち、与えられた任務を完了した。

戦闘スタイル

アランは基本的に遠近両方に対応したオールマイティな軍人である。
近距離においては、海兵隊格闘術をはじめとする数種類の軍用格闘スキルに、身体強化や体時間加速を併用して手数と経験に物言わせた機動戦を得意とし、徒手空拳のみならずナイフを使用した近接戦、海兵隊仕込みの銃剣術から派生した槍術なども扱う。刀剣類も基礎知識+α程度には心得がある模様。
防弾アーマーの類は着込んでないが、コートに防弾防刃効果のある繊維を織り込んでおり、ちゃちな刃物程度は通さない。

遠距離戦闘は卓越した銃火器による戦闘を基本としている。使用する銃火器は威力重視であることが多く、極端な話平野ならばM24を用いて半径800mを攻撃圏としている。ただしそれだけ離れると狙撃を命中させるのも一苦労であり、極力近~中距離で戦いたがる癖がある。

機密情報、その他


犯罪者のなかでも子供や女性、老人に手を出す手合いが大嫌い。フェミニストの気があり、女性を前線に出すことを嫌っている。
ちなみに、彼は「任務」と「矜持」を大切にする生粋の職業軍人ではあるものの、目的のために必要と判断したなら自分の趣味趣向に関係なく最良の手段を取ろうとする。リアリストと人情家という矛盾した面を持っている。
そして任務による殺害に罪の意識を持つことはあっても、恥もしなければそれについての謝罪もしない。任務を遂行するべき軍人と、任務の内容やその善悪を判断する制服組の間に一線を引いているようだ。

目指すは安寧の生活であり、夢はかわいい女性に囲まれて死ぬこと。女たらしである


主な武器データ

+ ...

特殊装備

特殊機械化装甲服 ライトアーマードギア

+ ...

使用する魔術/特性その1(通常技)

+ ...

使用する魔術/特性その2(秘技など)

+ ...



閲覧者カウンター
今日 -
昨日 -
総計 -

名前:
コメント:



名前:
コメント:
-
|