※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今から300年以上も、昔。

現在よりも能力者の数が少なく、希少とされていた時代だった。

そんな時代だから、能力者はとても優遇されていた。

……そう、それがどんな『厄介者』で『悪戯っ子』であっても。



「やーい、騙されてやんのー♪」

「酷いよお姉ちゃん、嘘つくなんて!」

「え? 私は別に『水が飲みたかったらおいで』って言っただけで、どんな飲み方をするとかは言ってないだろ」

「だからって頭からぶっかけるって……!」

「私がそういうヤツだってお母さんから聞かなかったのか?」

少年が気付いた時には、少女は既に木の上に腰掛けていた。

「あーっ、木に登るなんてずるいよ!」

「登ってない。座ってるだけ」

金髪ショートヘアの少女は、ミリア。

正式には「ミリア・スカーレットライナー」。

彼女の住む村で唯一の能力者である。

いや……唯一ではなく、『もう一人の』と、言うべきだろうか。

「お姉様~……っ」

やがて、もう一人の能力者が現れる。

「……あれ? 君、どうしたんですか? ビショビショになって……」

「ミリアにやられたんだよー!」

彼女の名前は、カルティエ。

正式名称は「カルティエ・スカーレットライナー」。

「あら、お姉様に……乾かして貰ってはいかが? お姉様は火魔法も使えるはずよ」

「そんな事したら火だるまになっちゃうよー!」

少年の年齢は7、8歳程度だろうか。

声変わり前の幼さを残した少年である。

「火だるま? ……あぁ、確かにそうね」

「認めた!?」

そんな少年を見て、カルティエはクスリと笑う。

「仕方ないわね……私の能力で、あなたが水を浴びたのは無かった事にしてあげるわ」

「無かった事に……?」

「あなたがお姉様に水をかけられたというのは幻影でした…………と。どう? 服が乾いてるはずよ」

「……あ! 乾いてる!」

「おー、久しぶりに見たなーカルティエが未来ねじ曲げるの」

「ありがとー、お姉ちゃん!」

少年は礼を言うと、去って行った。

「因果律操作と言ってくださいな。……あ、それからお姉様。村長がお呼びですわ。何かやらかしたんですの?」

瞬間、ミリアはカルティエの横に降り立っていた。

「いや……心当たりは無いな」

「そうですか……じゃあ大丈夫ですね。行ってらっしゃいですわ」

「ああ。行って来るよ」


……この『呼び出し』のせいで二人の未来が変わってしまうとは、未来視の能力を持つミリアにも予想出来なかった事だった。
|