※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


生徒データ

名前 田西 文一(たにし ふみかず)
性別
年齢 17
出身地 日本
所属 外部高校

七人目のスタンド使いのコードナンバーは
2135-332267-458317
皆対戦しようぜ!


能力データ

能力 アヌビス神★、幻視、死角移動
アヌビス神Lv99★ BASE通過能力、洗脳能力を持った刀のスタンド、強力な学習能力がある 漆黒の意志のコーティングで様々な異常や変化に強くなった
                    Track2、なにもないところで振るとクロスファイヤーハリケーンが出せる
                    Track3 ゴム風船のような空気の塊を作れる
                    Track4 前後同時に攻撃できる
                    Track5 切った相手のエネルギーが吸収できる
                    Track6 どこでも虹が作れる
                    Track7 切ったものを一つだけ10秒ほど重くできる
                    Track8 恨めば恨むほど強くなれる
幻視Lv15 物体透視、見えないものが見えるようになる、視力向上、視野向上
死角移動Lv100 他人の背後に瞬間移動する
練度 改造によって己の限界を外し、そしてそれによってどこまで強くなったのかの値

武器データ?

自己改造Lv2 -この剣の中に入ることで、改造が可能…人が入れるほど巨大で、斬る目的じゃないものを剣と呼ぶのかって?そんなのは僕の管轄外だ
強さを求めるときに他の武器は捨てた

+自己改造の結果
皮膚にはレーザーやビームを無効化させる蒸発装甲を付け、
体に精密機械や、小動物の脳を埋め、一般人をはるかに凌駕する身体能力や反応能力を持ち、
背中にロボットアームを付け、それに剣を持たせることで四刀流を可能とする「化け物」となった
その姿を隠すため、現在は全身が包帯で覆っていたが…Black Takasi先生の整形手術によって(見た目は)普通の姿に戻った。…のは過去の話
己の限界を超えるため、あえてロボットアームや小動物の脳など邪魔なものを取り外し、

装甲化と臓器強化、機械による補助を基本とした普通のサイボーグに戻った
関節と背中、脇の下など普段は攻撃を食らわないところを除いた皮膚の下に拳銃弾程度なら防げる鉄板(しかし至近距離からの射撃は危険)を付け、神経を限りなく早く反応できるように調整し、鍛錬による成長の限界を無くした。



人物略歴

いたって見かけは普通で、正義漢なところもあるが、少し卑屈なところがあり、目上の人には敬語で話す
過去、喧嘩してばかりの両親のもとで育っており、それに影響を受けて喧嘩っ早い部分ができたが、
それを無理やり抑えようとして他人と関わるのを中途半端に拒み、孤独が一番気楽に感じるようになった
高校になってからはもっと関わろうとは思っているが、他人とのまともな関わりがなかったのが原因で、自己というものが薄く、それで流れに流されやすく、更に揺らがないものが無いため、打たれ弱い
橘やジョーカーにボコボコにされたことを未だトラウマレベルで引きずっていて、深い怨みや劣等感があったが、本人たちが死ぬ、どっかいったで戦えなくなったため、負けた劣等感を拭うために世界最強という強さを求めている
因みに、その歪んだ部分が彼が能力に目覚めた原因でもある
(幻視は周りの流れを気にする彼の性格、死角移動は他人と向き合うのが怖い性根を表している、もしかするとアヌビス神を拾ったのも、周りの流れに身を任せたい彼の性分の現れかも知れない)
彼の先にあるのは…………

最近、両親が事故で死んで、それなりの資産家だった両親の遺産目当ての親戚中から誘われた
それを機にコンプレックスを感じてばかりだった高校から、他の高校に転校した
しかしそれでコンプレックスがなくなったわけではないし、親戚との生活もうまくいってるわけでもないので
この高校に戻ってくるだろう…たぶん、受験シーズン終わりくらいに
後、最近宗教にハマったらしい


オートマグ3とグレネードランチャーサプレッサーつき、自動追尾機能つき、
RPG-7と強化服を貰った
|