※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

封鎖された部屋。そして2階へ


フロスト
「どうします? 階段の向こうにいくか、封鎖ドアを見にいくか」

アイル
「そう、なんですか…色々あるんですね、怪異世界」

【嫌そうにメイドゾンビの死体を見る。血溜まりに沈むその体からは臓物がこぼれていた】

「封鎖ドア、見に行きます。叫び声が気になりますし、こっちには何もないから……」


フロスト
「わかりました」

【きた道を戻って、封鎖されたドアの前に立つ。よく見て見ると、ネジで木の板が止めてあるだけだ】

フロスト
「ドライバーでなんとかできないでしょうか」

アイル
「あ、ドライバーですね。今はずします!」
【先ほど手に入れていたドライバーを使ってねじを外していくほどなくして木の板が外れる】

アイル
「シェパードさん!開きそうですよ、この扉!」

【フロストがドアを開けようとすると、何かが突っかかってあかない。しかしそれほど強く固定されている様子も無いので、強引に蹴り開けた】

フロスト
「ここは……?」

【部屋には埃を被ったベッドがあり、デスクがあり、そして本棚とサイドテーブルがある】

「寝室……、みたいですね?この館の主のもの…にしては小さいか」

【ぐるりと部屋中を見まわし、推理を語る】

アイル
「サイドテーブル…何かあるかな?」

/アイルのナビゲートロール26%
/室内の形状を把握。45が出たので失敗

フロスト
「仮眠室かな? でもベッドが一つか……」

【デスクに近づき中を覗くと、錆び付いて使えそうにない拳銃と、その38口径Special弾5発、そして筒状の小さなレーザーポインタと固定金具が見つかった】

フロスト
「アイルさん、M36貸してください」

アイル
「へ?あ、はい分かりました!」

【一瞬何のことか理解が遅れたものの、直ぐに反対側のポケットからM36を取り出すとフロストに渡す。それをうけとり、フロストは手早くレーザーポインタをバレルの下に取り付けた】

フロスト
「どうかなっと」

【電源を入れると、レーザーポインタの光点が壁に浮かび上がる。ひとしきり確認を終え、それをアイルに返却する】

フロスト
「どうぞ」

/レーザーポインタにより、拳銃技能に15%のポイント追加

アイル
「これ、照準を合わせやすくするやつですか?わ、ありがとうございます!」

フロスト
「これで幾分狙いやすくなるかと思います。でも下手に使うと敵に気付かれるので気をつけて下さいね」

アイル
「はい、使いどころが重要ってやつですね。ありがとうございます」

フロスト
「さて、どうします? 建物右翼側にいきますか? それとも2階へ?」

【部屋から出て、曲がり角を示す。片や未探索の右翼側、片や階段へ通じる通路で、どちらも危険性は未知数だ】

アイル
「……一階にはさっきの処刑人がいるかもしれないし、2階に行きます」

【先ほどの光景を思い出してぶるりと震える。フロストは頷き、メイドゾンビの死体がある道を通って階段へ。アイルはメイドゾンビを見ないようにしながら後に続く】
|