※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





芥川龍之介

羅生門



梶井基次郎 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%B6%E4%BA%95%E5%9F%BA%E6%AC%A1%E9%83%8E

檸檬

得体の知れない憂鬱な心情や、ふと抱いたいたずらな感情を、色彩豊かな事物や心象と共に詩的に描いた作品。
三高時代の梶井が置かれていた鬱屈した心の状態を背景におき、そこへ一個のレモンと出会ったときの感覚のよろこびを再現している


菊池寛

俊寛

藤十郎の恋

父帰る



国木田独歩

武蔵野

http://www.amazon.co.jp/%E6%AD%A6%E8%94%B5%E9%87%8E-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%9B%BD%E6%9C%A8%E7%94%B0-%E7%8B%AC%E6%AD%A9/dp/4101035016
春夏秋冬の武蔵野の風景を書きとめた作品。
全部で九つの章から成立する。

幸田露伴

五重塔


島崎藤村

夜明け前

幕末・明治維新の激動期を、中山道の宿場町であった信州木曾谷の馬籠宿(現在の岐阜県中津川市馬篭)を舞台に、主人公青山半蔵をめぐる人間群像を描き出した

夏目漱石

こゝろ


二葉亭四迷

平凡


宮沢賢治

銀河鉄道の夜

グスコーブドリの伝記