【交通事故】孫(9カ月)背負った祖母(67)はねられる 2人が死亡【三重県志摩市】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

孫背負った祖母はねられる 2人が死亡

1 : ◆V3/DONjiko @変態仮面V3φφ ★ : 2009/05/03(日) 00:44:20 0
2日午前8時10分ごろ、三重県志摩市阿児町安乗の市道で、路側帯を歩いていた近くの無職、片山照美さん(67)が同県いなべ市大安町、会社員、柴原雄一容疑者(20)の乗用車にはねられた。
片山さんは孫の姫夏(ひな)ちゃん(9カ月)を背負っており、2人とも頭を強打し、間もなく死亡した。

県警鳥羽署は、柴原容疑者を自動車運転過失致傷容疑で現行犯逮捕、容疑を同致死に切り替えて調べる。

現場は見通しの良い片側1車線のほぼ直線。同署によると、柴原容疑者は母親の実家に行く途中で、「考えごとをしていた」と話しているという。姫夏ちゃんは片山さんの長男(39)の三女で同居している。

照美さんと姫夏ちゃんの自宅では2日夕、近所の住民や親せきたちが集まった。
布団の上に横たわる2人を前にハンカチを目に当て涙ぐむ姿もみられた。

照美さんは、旅館のパート従業員として働いており、いつも笑顔で孫の面倒をよく見る優しい人だったという。
近くに住む女性(62)は「ドーンと大きな音がしたので道路に出てみると、桜の苗木が2、3本、車になぎ倒されていた。
照美さんの長男が姫夏ちゃんを抱いて、名前を叫んでいた」と様子を説明した。
この女性も道路に横たわる照美さんに「寝るな、寝るな」と何度も呼んだが、意識はもうろうとしていたという。