【無謀運転】山陽道で8人乗りのワゴン車がとんでもない追越しをしようとして横転、運転手の男性(66)の妻と娘と孫が死亡【山口県周南市】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

山陽道で8人乗りのワゴン車が横転、運転手の男性の妻と娘と孫が死亡

1 : 年賀状(愛知県) : 2010/12/06(月) 04:19:11.21 ID:Bhb0u1J7P BE:262720875-PLT(12076) ポイント特典 [1/1回発言]

4日午前6時半ごろ、周南市戸田の山陽自動車道上り線で、
長崎県佐世保市竹辺町、無職松本赫男(てるお)さん(66)のワゴン車=8人乗車=が車線脇ののり面に乗り上げ横転した。
避けようとした山陽小野田市の会社員男性(29)の軽トラック=2人乗車=ものり面に乗り上げてひっくり返った。
松本さんの妻公子さん(63)、次女で佐世保市職員の季子さん(32)、孫娘の堀花音ちゃん(8)が頭を強く打ち死亡。
花音ちゃんの父の小学校教員堀達也さん(37)が重体となった。松本さん、松本さんの長女で堀さんの妻朋子さん(39)、花音ちゃんの弟(4)、妹(2)の4人が重傷。軽トラックの2人も軽傷を負った。

山口県警高速道警察隊の調べでは、現場は2車線のほぼ直線部分。追い越し車線を走っていた松本さんのワゴン車が、前方の車を追い越そうと走行車線に進入。
軽トラックが前を走っているのに気付き、避けようとして再び追い越し車線側にハンドルを切って中央分離帯にぶつかった。反動で走行車線を越えてのり面に乗り上げ、横転したらしい。

同隊は、松本さんが無理に追い越しをしようとしたのが原因とみている。松本さんは「島根方面に観光に向かう途中だった」と話しているという。
山陽道上り線防府西インターチェンジ(IC)―徳山西IC間が同日午前7時35分ごろから約3時間20分、通行止めとなった。