※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サバイバル攻略

このページでは高度な連帯やペース配分が必要となるサバイバルモードのセオリーを解説します。
難易度の高い公式マップ向けに、ちょっぴり大げさに書いているので、これらが当てはまらないマップもあります。


アイテムの集め方/使い方

持ちきれない時は、一番重いもの(チェーンソーや消火斧、Sako85など)を一旦落として他の物資を回収してから、
重いものを持ち上げて運ぶと効率的です。元々インベントリに入らないものがある場合はそう行きませんが。

弾薬

最優先で集めます。種類ごとに整理して置いておきましょう。
同種の武器が豊富にある時はリロードするよりも、
銃を弱い物から使い切ってゴミ捨て場に捨てた方がアイテム管理が楽になります。
銃によりますが、基本的に遊撃役の人が予備弾薬として持つのが良いでしょう。

銃火器

集めます。但し弾薬の方が不足しやすいので、その場に弾薬がある場合はそちらを運びます。
過剰に神経質になる必要はありませんが、可能であれば
  • 低威力銃は突然襲ってくるRunnerに素早く対処するため、
    拠点から離れて行動する人(遊撃役・引き付け役)が持ちましょう。
  • 高威力銃は大量に流れ込んできたShamblerを効率的に対処するため、
    拠点を防衛する人(籠城役)が持ちましょう。
特にSako85は取り回しが悪いので籠城を担当する人が所持しておくべきです。
普段あまり役に立たないスコープも遠くの味方を助けるのに活用できます。
またバリケードに溜まったゾンビにも絶大な威力を発揮します。

近接武器

いくつか集めておくと、リスポーンした人がスムーズに前線に戻れるようになります。
消火斧などの強武器を見つけたら絶対に持って帰りましょう。チーム全体の処理能力が上がります。
弱武器(タメなしで3発いる物)は放置しておくと、リスポン時に使い捨て武器として活用できます。
チェーンソーは最後の砦です。中盤ウェーブ以降は、ピンチの時にすぐ拾える位置に1人配備しましょう。

ピル・包帯・メディキット

集めましょう。あなたの手で救える命があります。
ウェーブ開幕で犠牲者が出てしまったりして崩れそうな時に使いましょう。

その他のアイテム

バリケード板: 集めますが、弾薬と同じ場所にあると邪魔なので少し離れた場所に。
ガソリン: チェーンソーがあるなら絶対集めましょう。これも他のアイテムから離して本体の近くに置きましょう。
フレアガン: 物資投下ヘリが呼べるマップにおいては最重要アイテムです。経験者に渡してあげて下さい。
トランシーバー: ほぼ必須と言えます。各自所持しておきましょう。

ヘルス箱

設置場所の近くにストックしておきます。
余った場合はゾンビのルートに置いておくと引っかかる事があるので簡易バリケードになります。

FEMAバッグ

拠点ZONEの近くにストックしておきます。
MAPによってはFEMA箱が復活するので、FEMA箱を見つけたらとりあえず取り出してしまうと良いです。
ZONEの中に置いてしまわないように注意して下さい。(100%の状態でも消費してしまう)

ガソリンタンク

結構重要です。いざという時のために最終防衛線に置いておきましょう。
ただし誘爆するのでガソリンタンク同士を近くに置かないよう注意。
なおガソリンタンクはバリケードとしても使えますが、ゾンビに殴られると爆発してしまいます。
そのため僅かな時間稼ぎと地雷にしかなりません。着火できるゾンビも少ない(最悪の場合殴った1体のみ)ので、
基本的にはプレイヤーが撃って起爆するリモート爆弾として使うべきです。


序盤の立ち回り

最初のヘリが来るウェーブ3(nms_isolatedは4)までが序盤と言えます。
この段階でしっかりアイテムを収集・整理しておくことで後半戦を有利に進める事が出来ます。
また、基本的に発砲すると怒られるので控えましょう。
近接武器が苦手な人でもRunner/Kidの単体ぐらいは殴り殺せるはずです。

ウェーブ1

ゾンビの数はごく少なく、自由探索の時間です。
まずは拠点とするZONEを決めます。マップをよく知らない場合は他のプレイヤーの動きを見ましょう。
そしてマップに落ちている重火器・弾薬・アイテムを全て拠点にかき集めるつもりで収集してください。
強力な近接武器も是非集めておきましょう。サバイバルはアイテムを集めるモードといっても過言ではありません。
各アイテムは拾いやすいように種類毎に分けておくべきです。バリケード板を弾薬の近くに置いたりしないように。
回復箱もZONE内にストックしておきましょう。FEMAバッグをZONEの近くに置いておくと後で楽になります。
また、「弱い近接武器」「(出番がもう無い)溶接機」「(再利用の価値が無い)弾切れの銃」などをを捨てるゴミ捨て場を決めておくと、
ピンチのときにスムーズに応戦出来るようになります。(もちろん銃は弾薬種ごとに1丁はキープしておいて下さい)

ウェーブ2

まだRunnerは出現しません。ウェーブ1でアイテムを回収しきれていない場合は引き続き探索を行います。
次ウェーブからRunnerが出現します。マップにもよりますが、拠点の出入り口はバリケードを張っておくと
中に居る人の即死を防ぐ事が出来るので、1枚張っておきましょう。

ウェーブ3

ここからRunnerとKidが出現します。ウェーブが始まって最初の30秒間ほどは特に警戒の必要な時間帯です。
このウェーブ以降、自信が無い人は開始前に拠点に戻って銃を構えておいたほうが身のためです。
開幕で死なれるとチームの総火力が落ちている時間が長くなるので、それよりは安全に開幕を過ごした方が良いです。
担当している人がいなければ、中盤以降は籠城役を担当するのがいいでしょう。
ウェーブ終了時にヘリが来るので、(nms_isolatedはウェーブ4)なるべくインベントリを軽くして、
物資投下候補地点に行く準備をしておきましょう。知らなければ経験者に付いて行きます。

物資投下

空が見えるマップでは、ヘリの動きを良く見て投下地点に移動します。
初回投下時点では武器が不足しているはずなので、重い銃や強い近接武器を優先して回収し、残りを弾薬で埋めます。
まったりしていると次ウェーブが始まって、足の速い親子連れが参加してくるので素早くしましょう。
物資が投下されてから10秒経過したら、残りは無視してさっさとトンズラするのが安全です。
重いアイテムは一旦落として、インベントリを埋めた後に手で持って帰りましょう。
パイプ管などの弱武器は持って帰らずその場に捨ててしまってOKです。
トランシーバーや溶接機、出現数の多い金づち等も不要な場合は持ち帰る必要はありません。
いつでもフレアガンで物資を呼べるよう、全て持ち帰れないにしても物資箱は空にして消しておきましょう。


中盤以降の立ち回り

後は必要に応じて銃火器やチェーンソー、ガソリンタンク等を活用しながらウェーブを進めて行くだけです。
フレアガンで物資を呼べるマップでは、ゾンビ6体残しの上でまとめて何回か投下してもらいましょう。
クリアとなるウェーブが分からない場合は節約気味で進めるべきです。周りの人に聞いてみましょう。

役割毎の仕事

籠城役
拠点に引き籠って、主に味方の支援をする役割です。最低1人は必要ですが、3人はいりません。
近接武器が苦手な人や、銃火器のエイムに自信が無い人に適しています。
但し仕事は多いのでそれなりに忙しいです。(特に前線が押されている場合)
初心者や、マップを良く知らない場合は遊撃役を担当しつつ学習したほうがいいでしょう。
  • メインの仕事はアイテム整理です。マップを歩き回っている人がそれぞれアイテムを整理していては効率が悪いので、
    予め「まとめて落としておいて欲しい場所」を伝えて、そこに落としてもらったアイテムを分類して整理します。
    6体残しの最中でも、運ぶ人と整理する人に分かれたほうが効率が良いはずです。
  • ピンチ時の支援攻撃をします。チームメイトの尻を追いかけているRunnerを華麗に撃ちぬいてあげましょう。
    それ以外にも押され始めたら撃ちます。グレネードを投げます。ガソリンタンクを起爆します。余っていればフレアガンも撃ちます。
    銃は基本的にSako85一択です。遠距離を正確に撃ちぬけるのはSako85のみです。
    次点に高威力・高弾数のLAR、重いため遊撃役には適さないRugar10/22が続きます。
  • 大ピンチの時はチェーンソーを手に取り大群を粉砕します。
  • バリケードの打ち付けも担当します。金づち・バリケード板共に軽いので、
    重要なマップでは常に持ち歩いているぐらいの気持ちで良いです。
    金づちは攻撃力の面でも普通の近接武器に引けを取りません。
  • 味方に指示を出します。抑えきれていない場所に人員を回すようにします。
    遠くのFEMAバッグの運び込みは味方に頼みましょう。

遊撃役
マップ中を歩き回ってゾンビを引き付けながら殺し、またアイテムを運ぶ役割です。
籠城役以外の人は全員これになります。もちろん、押されている時などは必要に応じて拠点に戻ってください。
  • メインの仕事はもちろんゾンビを倒すことです。できるだけ遠くで時間を稼ぎ、
    時に拠点に向かうゾンビを引き付けます。引き付ける時はマグライトを活用しましょう。
  • アイテムを集めます。移動速度のこともあるので、インベントリは常にある程度開けておきましょう。
    耐久値が危なくなってきたらFEMAバッグを運び込みましょう。