※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前のページ < | > 次のページ

(3) PHPの構文例

●For文1
<?php
for( $i=1 ; $i<=15 ; $i=$i+1 ){
print "*";
}
?>
結果)
**********

●For文2
<?php
for( $i=1 ; $i<=15 ; $i=++ ){
print "*";
}
?>
結果)
**********

●While文
<?php
$i=1;
while($i<=15){
print "*";
$i++;
}
?>
結果)
**********

●do ~ While文
<?php
$i=1;
do{
print "*";
$i++;
}while($i<=15)
?>
結果)
**********

●if文1
<?php
if(200>100){
print "大きい";
}else{
print "小さい";
}
?>
結果)
大きい

●if文2
<?php
if(date("G")>=18){
print "こんばんは";
}elseif(date("G")>=12){
print "こんにちは";
}elseif(date("G")>=6){
print "おはようございます";
}else{
print "おやすみなさい";
}
?>
結果)
0時~ おやすみなさい
6時~ おはようございます
12時~ こんにちは
18時~ こんばんは

●switch文
<?php
switch(date("G")){
case 10:
print "10時です。休憩しましょう。";
break;
case 15:
print "15時です。おやつです。";
break;
default:
print "仕事を続けてください。";
}
?>
結果)
10時のとき  10時です。休憩しましょう。
15時のとき  15時です。おやつです。
その他の時間  仕事を続けてください。


配列

●一次元配列1
<?php
$m=array("おやすみ","おはよう","こんにちは","こんばんは");
if(date("G")>=18){
print $m[3];
}elseif(date("G")>=12){
print $m[2];
}elseif(date("G")>=6){
print $m[1];
}else{
print $m[0];
}
?>
結果)
※「if文2」の結果と一緒

●一次元配列2
<?php
$t["eng"]=73;
$t["math"]=84;
$t["japa"]=68;
print "合計点は:";
print $t["eng"]+$t["math"]+$t["japa"];
?>
結果)
225

※ XAMPP 1.7.7 [PHP: 5.3.8] での設定項目です。






前のページ < | > 次のページ
◆ ◆ ◆