※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

前のページ < | > 次のページ

(2) PHPの基本

PHPスクリプトは前の項で書いたように
<?php          ←ではじまり、 :開始タグ
print "Welcome";    ←この最後は「;」で区切られ、
?>            ←で終わる :終了タグ

●HTMLタグを挿入する
<?php
print "SQLカフェに";
print "<br />";
print "ようこそ!";
?>
結果)
SQLカフェに
ようこそ!

●コメントアウト
PHPでのコメントアウトは
// 一行全部コメントアウトする場合
/* またはこういう形式 */
/////////// またはこのような //////////
/*
複数行の場合は↑コレ↓
*/

php関数

それぞれ、先のtest.phpのSQL文を書いた行を書き換えてやってみてください。

phpinfo();
phpの情報が出ます。

exec("SHUTDOWN -s -t 10")
execを使うとコマンドプロンプトの入力替わりになるので、
サーバ側のシステムを10秒後にシャットダウンする。

date()
date("g") →12時間単位の「時」
date("h") →12時間単位の「時」(2ケタ)
date("G") →24時間単位の「時」
date("H") →24時間単位の「時」(2ケタ)
date("F") →現在の月名 例)December
date("n") →現在の月  例)1
date("j") →現在の日  例)28
date("l") →現在の曜日 例)Saturday
date("s") →秒(2ケタ)
date("Y") →年
date("y") →年(2ケタ)
例)
<?php
print "今日は".date("Y")."年".date("m")."月".date("j")."日です";
?>

そのほか
関数名 内容
die コマンドの実行を中止する
exec コマンドを実行する
mysql_connect MySQLサーバーに接続する
mysql_close MySQLサーバーから切断する
mysql_select_db 使うデータベースを指定する
mysql_query SQL文を発行する
mysql_fetch_array MySQLの実行結果から結果の行を取り出す
mysql_error 最後に起こったエラーを返す
getenv 環境変数を得る
gethostbyname ホスト名からIPアドレスを得る
gethostbyaddr IPアドレスからホスト名を得る


phpの変数

<?php
$a= "ようこそ!";
print $a;
?>
ここでの変数は$aで、代入されて結果は以下のようになります。
ようこそ!

●定義済み定数
M_PI 円周率
PHP_VERSION PHPのバージョン
PHP_OS 動作しているOS

●文字列を結合する
<?php
$a= "こんにちは";
$b= "ようこそ!ものづくりカフェ";
print $a.$b;
?>
「.」でつなぐことにより、文字列を結合できる。

また、"や'を表示させたいときは、
¥" や¥' などとします。(エスケープ処理)
または、'"' や、"'" としても表示できます。
""と、''を使い分けるといいみたいです。
ただし、
<?php
$a= 123;
★
?>
ここで★:print "$a"; とすると、結果は「123」になります。
ここで★:print '$a'; とすると、結果は「$a」になります。
''で囲うと、文字列として表示されます。


※ XAMPP 1.7.7 [PHP: 5.3.8] での設定項目です。






前のページ < | > 次のページ
◆ ◆ ◆