※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


新・レシート貼るだけ家計簿について

レシート貼るだけ家計簿とは、レシートを貼るだけで合計金額が分かるように作られた、画期的な家計簿のこと。

新・レシート貼るだけ家計簿とは、それの改良版である。前のバージョンでは、レシートを貼ることで膨らんだ冊子がまとまらなかった、という点を受けて、カバーをつけて、1冊がバラバラにならないよう、まとめられるようにしたもの。

最近はさらに改良されたらしく、クリップを使わずにカバーだけで冊子をまとめられるようになっているみたい。前回より、縦幅は2mm増し、横幅は2mm減みたいですが…。ちなみに金額は、前回より330円増しです。

【便利な点】
  • レシートをもらうだけで家計簿が作成できる。(従来の家計簿が記憶、または綿密な記録を頼りに作成されるものだったのに対し、こちらは、レシートを取って置くだけで、いつでも時間をさかのぼって家計簿を作成できる。)
  • 見るだけで合計金額が分かるので、計算しなくてよい。電卓も要らない。

【不便な点】
  • レシートに頼りすぎるため、レシートのない支出があいまいになる。(amazon、カード払い、学食…)
  • かさばる。レシートを貼った家計簿が分厚くなり、収納しにくい。



というわけで、自分なりの改良点を加え、ninjaバージョン「レシート貼るだけ家計簿」を制作したいと思う。これは、この出版物に対する批判ではなくて、賞賛しつつもっと便利にしようプロジェクトということで、ご理解ください。

そして、最新版のほうではなくて1つ前のバージョン「新・レシート貼るだけ家計簿」を使用したときに感じた問題点を挙げているので、もしかしたら最新のバージョンでは改良されていることも含まれるかもしれない。


【もっと便利にしようプロジェクト】
  1. 現在の問題点の分析
  2. ninjaバージョンの制作と、改良点







today: -
yesterday: -