※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GainerでFlashムービーを再生


Gainerを使って、ムービーを再生しよう。

GainerとFlashを組み合わせて使ってみたいと思ってる人に、
導入用としてオススメの課題です。

使うもの: flash、Gainer、回路
回路に使うもの: フォトトランジスタ、赤外線LED、トランジスタ(普通の1815)、抵抗(1k,10k,220Ω)、コンデンサ(0.1μF)





1. 図のように、Gainerにフォトトランジスタと赤外線LEDを使った回路をつなぎ、


2. そこを指で遮ると、図の値が「true」から「false」になります。
 値が「false」になると、下の青い四角が横移動するムービーが再生します。





  • 回路図

ちなみにこの回路図は、友人のしぶ。さんに書いてもらいました。
今夜も、街の巨匠に感謝です。



  • flashのほう
(1) Gainerのドライバ?についてたexampleを使います。
 「dIn.fla」を基本にして、端々を書き直してみます。
 (gainer_lib_flash_v1.1.0rc5 > fla > examples > basic > dIn.fla)
(2) ムービークリップを1つ作っておく。
 インスタンス名「sq」を指定する。
(3) その他、使わなそうな部品類を削除する。
(4) フレームに書いてあるアクションスクリプトを以下のように書き直す。
import gainer.*;
 
 var gnr:Gainer = new Gainer("localhost", 2000, Gainer.MODE1, true);
 
 gnr.onReady = function() {
  gnr.beginDigitalInput();
  _root.onEnterFrame = function() {
   //_root["d0"].text = gnr.digitalInput[0];
   if( gnr.digitalInput[0] == false){
     _root.sq.gotoAndPlay(1);
   }
  }
}
 






today: -
yesterday: -