※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

首輪解除×脱出×ぼっち ◆FbzPVNOXDo




「くそっ!」

メイトリックスが思いっきり壁に拳を叩きつけ叫ぶ。
第三回放送で呼ばれた仲間、門矢士。
まどか達に襲撃され分断された後、もっと別の場所を探し再会できれば彼は死ななかったかもしれない。
あるいはフランクと合流した時、早くに二手に分かれていれば、いや船に向かうときフランクに士のことを伝えていれば。
もっとも、メイトリックスもあの短時間に様々な事があった。主にケン絡みで。
エスポワールも禁止エリア指定され時間がなく一杯一杯なのもある。

だが二回放送でイーノックの名前を呼ばれた時に、もっと最悪の事態を考えられたのではないか。
メイトリックスの中でそんな疑念が生まれる。

「メイトリックス、気持ちは分からないでもない。
 だが……」
「分かってる。こういうことは戦場でもよくあった」

流石は軍人というべきか。
後悔や動揺はしたものの、すぐさまやるべき事を理解し切り替える。
だからこそ彼は優秀な兵士として、ここまで生き延びてきたのだろうとケイネスは思った。

「ところで、あの少女の事だが」

【首輪と会場について、いくつか気付いたことがある】

何気ない会話に紛れ、一枚のメモをケイネスはメイトリックスに渡す。
頷きながらメイトリックスも会話を続けながらケイネスのメモに目線を落とした。

【首輪は解除可能かもしれない】

「ああ、いつの間にか居なくなっていたが」
「変な機器を触られる前に、探しておいた方が良いかもしれない」

そのままケイネスのメモが綴られ、首輪の内部構造などの詳細がメイトリックスに伝えられる。
ケイネス曰く水銀を首輪内に忍び込ませ、内部を探ったところ科学的な技術が多いことが分かった。
魔術的なものは、魔力などの参加者に制限を掛ける部分のみ。それ以外はいたって神秘の欠片もない。

【だが、私はその手の知識が皆無だ。君の知識を借りたい】
【分かった。この内部構造なら、地雷の撤去の要領で可能な筈だ。
 先ずは―――】

再び首輪に水銀が忍び込み、メイトリックスの指示に従い。首輪の爆弾の無力化及び解除を始めた。


数分後、分解された二つの首輪が転がり、ケイネスとメイトリックスの二人は筆談を止めていた。




「何とか、取れたが。しかし随分思い切ったことをしたな。
 そのスライムみたいなのを忍び込ませても、首輪が爆発しないと確信でもあったのか?」
「いや、私も賭けだった。だが少し心当たりが出来てね。
 あの三回放送だ。
 わざわざ首輪の爆破からエリアの爆破に切り替えた辺り
 こいつを外した参加者か、あるいは元々首輪に大した期待を奴らはしていないかのどっちかだと思った。
 どちらにせよ。試してみる価値はあるだろう?」
「なるほどな。これでエスポワールで脱出……したいところだが」
「無理だろうな」

しかし首輪が取れて一段落付いたのものの、主催はこの会場をいつでも爆破出来るという事に変わりはない。
恐らくエスポワールで脱出しようとした瞬間、そのエリア一帯は炎上するはず。
二人はそれを理解していたのか、首輪の解除でもそう喜びの色は見せなかった。

「エリア爆破もそうだが、何より結界が厄介だ」
「結界? またファンタジーな」
「エスポワールから、海の向こうを見て確信した。あれは上手く見せてるが。あの先はハリボテだ。見えない壁に包まれている。
 この島から出ることは不可能だ。その結界を破らなければ」
「でも、お前は心当たりがあるんじゃないかのか? さっきの言いぶりでは」

ケイネスは少し間を置き、辺りを警戒してから静かに口を開いた。

「この場は一時期、異界になっていた」
「イカイ? なんだそりゃ」
「説明すると長くなるが、大雑把にいえば世界が浸食されたとでも言おうか。
 ともかくこの島がちょっとおかしくなっていたと思えばいい。
 ほら、やかましいサイレンの音だの。色々心当たりがあるだろう?」

思い返せば気にする暇がなかったが、確かにこの島は何かがおかしかった期間があった。
それは確信に変わる前に元の世界に戻ってしまったが。

「その原因は“神”が居たからだ」
「神? そりゃ随分と大袈裟な」
「私も便宜上もっとも当てはまりそうな言葉で、そう呼んでいるだけだ。どちらかと言えば邪神の類だろう。
 幸いな事に、その神はこの場がお気に召さなかったらしい。大した害も残さず帰って行った」
「待て? 帰った、だと? それは」
「結界を破り、次元を超えたのだ。
 その時の歪がまだ残っているとしたら? 次元の裂け目が残っているとしたら?」

メイトリックスは高ぶる感情が抑えきれなくなってくる。
脱出困難に見えた会場に、抜け穴があるのだとすればジェニーの奪還にも繋がる。

「だが、問題が二つ。歪はあるが我々が通るには些か小さいものだ。 
 結界に自己修復機能がある。これが曲者で完全にではないがほぼ修復しかけている。
 事実私も、エスポワールに乗ってじっくりと見えない壁を観察しなければ、気付けなかった。
 何か、強力なエネルギーをぶつけてやらなければ、穴はこじ開けられない。
 もう一つ、仮に穴をこじ開けても、主催本部の座標を固定しなければならない。
 そのまま、飛び込めば次元の裂け目の中で迷子だ。下手をすればその神の世界にも繋がりかねん」

強力なエネルギー。
メイトリックスに一つ心当たりがある。
バックからセイバーのカードを取り出すと、ケイネスにセイバーが放ったエクスカリバーの事を話した。
ケイネスもカードから、あのセイバーが召喚されることに驚いていたが、話を聞き何やらブツブツと考え込む。




「いけるかもしれない。
 君の言ったそのビームを放つ剣が、もしあの聖剣ならば……だが一度召喚して確認しなければ」
「おい、召喚と言っても一度出したら半日は使えないんだぞ?」
「話を聞く限り、それはカードの魔力切れによるものだ。私が補給してやれば、すぐとは言わずとも数時間で使用可能になると思う。
 多分、現界時間も伸ばせる」
「分かった。ともかく、カードはお前に渡しておく。
 こいつは召喚した奴に従うらしい。くれぐれも気を付けてくれ」

エネルギーに関しては解決出来るかもしれないが、問題は座標だ。
こればかりは、メイトリックスには完全にお手上げでケイネスに任せるしかない。

「次の放送で、奴らの声が何処から発せられているか逆探知し、そこから座標を導き出してみようと思う」
「大丈夫か?」
「君は気づいていないかもしれないが、ここの放送は全て魔術的なもので行われている。
 ならば、奴らのいる座標のヒントになるかもしれない。
 それに幸い、この結界の自己修復機能のおかげで、パッと見は完璧だ。
 奴らはこのことに、気づいていない。座標のことまでは思いつかないはずだ。
 まず君に因縁のある連中は全員、神秘関連に気付ける筈がないし
 バックに控えているような連中は、直接会場を見に来るわけではないからなおさらだ。
 あの神の存在は奴らにとっても、イレギュラーだったと考えるべきだろう。
 だが、時間の経過と共に気づかれる可能性は高くはなる。早めに座標は特定しなければ」

そう言うとケイネスは何やら胡散くそうな礼装を作り始めていた。
魔術にからきしなメイトリックスだが、それが逆探知用の装置なのだろうという事は何となくだが理解できる。
それからさらに地図を眺め、しばらくそれと睨めっこしていると思えば顔を上げ声をあげた。

「よし、メイトリックス。F-5だ。
 神が居たのはあの辺りだと思う。なら次元の穴はそこにある。そこへ向かおう」
「分かった。船はヨコハマ埠頭に止めようと思うが良いか?」
「ああ、構わない」

「そうそう忘れるところだったが、あの少女の首輪も外してやらなければ」
「そうだな、探して来よう」




【D-01/1日目・夜 船内・操舵室】

【ケイネス・エルメロイ・アーチボルト@Fate/Zero】
[状態]:疲労(大) 魔力消費(中) 令呪残り二画、首輪解除
[装備]:メタルまゆしぃ@Fate/Zero(ケイネスの礼装をCv.花澤香菜にしてみた)、 ヒラリマント@ドラえもん、君島の車@スクライド
[道具]:基本支給品×4(食料×1)、アカツキのディバック、ジャックのデイバック
   ブック・オブ・ジエンド@BLEACH、グリーフシード@魔法少女まどか☆マギカ 
   ハリボテエレジー(破損状態、濡れてる)@JAPAN WORLD CUP
   乖離剣・エア@Fate/stay night、セイバーのカード@遊戯王なのはMAD
[思考・状況]
基本行動方針:主催者の打倒。
0:F-5へ向かう。次の放送で主催の位置を逆探知する。
1:松岡勝治と会う、
2:不動遊星、鬼柳京介を捜索。
3:ランサーの魔力は誰が・・・?
4:ギルガメッシュ、アサシン、ラミエル、グレーテルを警戒。
5:化け物(青鬼)を警戒。
6:このゲームは聖杯戦争と関連している・・・?
7:あの少女と一緒に居た丸い生き物は何だったんだろうか。
8:結界の歪をこじ開けるのにセイバーを利用する。
9:あとで祐子の首輪も外してやる。
※車内でメイトリックスとの情報交換を軽く済ませました。
※青い滴り跡については軽く気に留めている程度です。
※会場にの結界に歪があることに気付きました。主催側はまだ気づいていません。
※会場からの脱出、主催本部に乗り込むには。強力なエネルギーと座標の正確な特定が必要です。

【ジョン・メイトリックス@コマンドー】
[状態]:ダメージ(中)、疲労(中)、首輪解除
[装備]:GUN鬼の銃@MUSASHI-GUN道-
[道具]: 基本支給品、ラットの爆弾×3@探偵オペラミルキィホームズ、氷剣ユキアネサ@BLAZBLUE
    宝塔(罅が入っている)@東方Project
    世界樹の巫女 エレイン@カードファイト!! ヴァンガード、確認済み支給品1
[思考・状況]
基本思考:娘を助け出し、殺し合いをぶっ潰す。
0:岸まで船を動かす。 その後、F-5へ
1:士、イーノック……
2:鹿目まどかとはいずれ決着をつける。
3:あの2人(一人と一匹?)を探す
[備考]
※参戦時期は原作終了後。
※GUN鬼の銃に触れましたが元々能力制限されておらず潜在能力が底上げされている状態です。
※車内でケイネスとの情報交換を軽く済ませました。









「え? ここ何処?」

その頃、ゆっこは変な部屋に迷い込んでいた。
人形に囲まれた、エスポワールにはまったく不釣り合いな部屋だ。

「あれ、バリカンも居ない……」

そして地味にバリカンはその部屋に入っていなかったので、彼女はまたぼっちに戻ってしまった。

「ちょっと、鍵も開かない……あれ?」

何か背後から気配がする。
そんな気がした。そうだ気のせいだろう。
ともかくゆっこは部屋から出る方法を探し始めた。



【青い部屋/1日目・夜】


【相生祐子@日常】
[状態]:疲労(軽微)、死への恐怖とそれに伴う悲しみ(若干克服)、若干希望を持ちつつある。ぼっち逆戻り
[装備]:なし
[道具]:基本支給品、一本満足バー×28inファミマの袋@アサヒフードアンドヘルスケア、
バトルロワイアルガイドブック@ニコロワγ
スポンジボブ@ハッキョーセット、でかいきんのたま@ポケットモンスターBW
キチガイレコード@チャージマン研!
[思考・状況]
基本行動方針:殺し合いには乗らない
0:えっ…何ここは…(ドン引き)
1:船内を探索。
2:研君を探しに行きますか
3:危険地帯…恐るべし…!
4:もっといい道具が欲しかった
5:研君の そこにシビれる 憧れる
6:なのちゃんに続く新しいロボットの知り合いができて嬉しい
7:………死にたくないよ
8:またボッチだよ……
※ジュラル星人と研の関係、泉家の家族構成を簡単に知りました。
※精神がわずかに不安定になっている可能性があります。
※民家の地下でニコニコ危険地帯を発見しました


【D-01/1日目・夜 船内】

【バリカン@チャージマン研!】※意思持ち支給品
[状態]良好、首輪なし、愛称で呼ぶ程度にはゆっこを信頼
[思考]
基本行動方針:ゆっこと一緒に研を探す。見つけたら保護してもらう。
0:ゆっこ何処行っちゃったんだろう。
1:何か胡散臭そうな船でゲス
2:ゆっこと行動。
3:終わったらゆっこがジュラル星人の存在を知らない事について話し合う
※機能に何らかの制限が課せられているかもしれません。
※ゆっこの交友関係を軽く知りました。
※星君を警戒対象に入れてないのは、彼がジュラルであることを知らないからです
※参戦時期は最終回よりも前のどこか。魔王については面識があるか見たことはあります


sm163:レ陰謀クルーズ(後編) 時系列順 sm165:サーニャ・リベンジャー
sm163:レ陰謀クルーズ(後編) 投下順 sm165:サーニャ・リベンジャー
sm158:アンハッピーリフレイン ジョン・メイトリックス sm:[[]]
sm158:アンハッピーリフレイン ケイネス・エルメロイ・アーチボルト sm:[[]]
sm158:アンハッピーリフレイン 相生祐子 sm:[[]]




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー