※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レ陰謀クルーズ(後編) ◆J/0wGHN.4E






情報交換を一通り終えた後、遊星は本題に入った。
いつの間にかケンも起きている。
ちなみに遊星のデイバックから顔だけ出していた淫夢くんは今、早苗の膝の上で可愛がられている所だ。

「その動物、なんて種類かわかるか?」

その言葉に合わせて遊星は話し合いの間に予め書いておいたメモを見せる。

【突然で悪いが早苗以外は静かに各自で筆記用具を用意してほしい】

それを見て一同はおもむろに筆記用具を取り出す。
少しだけ、早苗は遅れて取り出しながらこたえる。

「え、えっとなんでしょうか…リスザルかキツネザルか…アイアイにも見えますね」

【やはり盗聴機能?】

ムラクモが最初にメモに書いてみせた。

「生き物には、詳しい人はいないのか?」

【はい、まずはコレを見てほしい】

そう書いて、遊星はまたメモを渡す。
それは昼頃権兵衛達にみせたメモであった。
一同がそれぞれ回し読みしていく。


彼らのメモに対する反応は多種多様。
だが、大局としては勝治がここまで放送で呼ばれる事への納得であった。


皆がメモを回し読みしている間も遊星はメモに綴る。
遊星は以外と字は丁寧に書く方であった。

【とりあえずここで放送がおわったら勝治の首



ガタンッ!






「誰か居るんじゃなイカ!」


物音。そして同時に放たれる声。
遊星含めた一同が二人目の入り口の訪問者へ再び目を向ける。



「どうした!?」

思わず遊星が訊く。



声の主は奇妙な青髪の少女であった。
早苗もその姿を見て遊星に続いて反応する。

「あらかわいい、お名前は何でしょう?」

「あ、イカ娘でゲソ!」

青髪の少女は早苗の問いかけに対しイカ娘と名乗った。




イカ娘が言うに元は街に向かう予定だったが通行ルートでここを見つけ、明かりが付いていたから様子を見に来たらしい。
こんな一人で歩いていてよく誰にも襲われなかったものだ。

そしてイカ娘は今まで出会ったあかりや襲撃者の事、南の海の家れもんの事、自分も持ち物の事を包み隠さず話した。
出会った時点でまだ彼らが味方どうか確定していないのに自分の手の内を明かしてしまった辺り、いかにしてイカ娘が追いつめられているかが伺える。
そこに遊星達が疑う余地はなかった。


「で、君のさっき首輪を回収したといっていたな。それを見せてくれないか?」

「わかったゲソ」

話も一区切りついた所で遊星の提案にイカ娘が答える。
本来なら壊れているはずの勝治の首輪で解析してみたかったが、無人の首輪なら尚安全だ。
これならもし爆発機能だけは作動していたとしても、人が死ぬ事は無い。

「ありがとう」

早速遊星はデイバックから工具を取り出し、イカ娘から受け渡された首輪の解析を始めた。





♯ ♯ ♯





*1 )

星君、ムラクモ、海東の三人の中では無駄に洗練された無駄の無い無駄なハーモニーが発生していた。

星君としては自らの警戒対象たるムラクモや海東もこいつを利用する気だろうと考えていた。
それにしても奇妙な髪だ。
先ほどの遊星は頭に蟹でも乗っけているのかと思いきやその蟹と一体化したような髪型であったのだ。
そしてこのイカ娘もイカと一体化したような髪型をしている。
まさか二人は人間ではないのだろうか。
もしそうなら協力をあおげるかもしれない。
特に遊星は利用価値が高いだろう。



「みんな!見てくれ!」

唐突に遊星の声が響く。
見ると遊星はやはりメモを皆に見せた。






『早速イカ娘の持ってきた首輪を解析してみた

 だが思ったよりかなり簡単な構造

 さっき見せたメモのように勝治のが壊れていたとしても十分納得いくレベルに

 この首輪の正確な機能もわかった

 まず爆弾とそれを起動する装置(以下爆破起動装置と書く)

 この装置は恐らく主催者側が任意で起動する事もできるのだろう。

 禁止エリアに入った際に警告するスピーカー 全て自動音声の様だ

 次に動きを感知する装置 これは参加者の生死を知る為の物だろう

 ついでにこれが一定以上の強い力を感知するとさっきの爆破起動装置に働きかけるようになっている様だ

 そして盗聴機能 これはみんなも薄々感づいていたと思う

 さらに位置情報機能もついていた 爆破起動装置とも接続さされていた事から禁止エリアと同期をとる為の物であるようだ。

 ここまで書いたがこの割に首輪の分解や解析などの行為に反応して爆発するような対策プログラムは付いてなかった

 結論を言ってしまえば爆弾の調達はともかくこのレベルなら自分でも作れるような物体だ

 つまり、みんなの首輪は自分なら解除できる』



皆がメモを読み終わる頃、遊星はもう一つの物を皆に渡した。
取り外した遊星の首輪である。

「おお!すげーじゃん!ほんとにく…」

首輪の解除という事実に興奮しうっかり声を出そうとするケンの口をムラクモが押さえる。
反対の手で「よくやった」と書いたメモを遊星に見せる。

「ああ」

と、言うわけで早速遊星は一同の首輪の解除に取りかかった。
最後に海東の首輪も解除した後で丁度第3回放送の時間となった。






〒 〒 〒






「ふむ、やはりこの首輪が原因だった様だ」




光写真館のトイレで星君が呟く。
しかしそれは参加者としては「星君」だが皆の知る「星君」ではない
星君は首輪を解除された事で急に体が軽くなった気がしたのだ。
もしやと思いトイレに入り、変身を解除してみた。
すると即座に手足が細長くなり、肌は赤黒く変色し、着衣は霧散し。
星君はいわば本来の姿、ジュラル星人のそれに戻った。

しかし、今はこの姿で行動するメリットは無い。
少なくとも早苗や遊星を生かしておく必要がある間は。
そして十秒と経たず、星君は元の少年の姿に戻り、トイレから出た。

(それにしても海東は何を…)

参加者の中に潜り込む中で避けては通れない海東の存在。
このまま行けば確実に隙を見て誰かを殺すはずだ。
とは言え、誰を殺すかはかなり見極めた上で行うだろう。
早苗は海東の事を大分信用している様だし、遊星も首輪を解除する技術があるのだから早々に捨てるとは考えがたい。
そうなれば、自分かムラクモかイカ娘か。
自分をが狙われる事似関しては遊星と接点を深めていけば奴はそう簡単に手出しはできないはずだ。
その線で行けば遊星に探されていた人間の様だしムラクモも殺害対象から外れるか。
それなら問題はイカ娘かー

そうだ。
一人忘れていた。
ケンという奴の存在を。
あいつはキチガイだ、泉研と同様に。
名前が同じなのはそういう繋がりがあるのだろうかと問いたくなるレベルに。
いくら上辺で仲間を集めると言ってもキチガイまで欲する事は無いだろう。
何よりケンと自分は海東が来るまで殺し合っていた関係だ。十分亀裂が生まれる原因にもなる。
そもそも自分が彼を生かす理由も首輪を解除できるかもしれないという話に付いてきただけだ、奴も同じ考えである可能性は低くない。
総じて、海東にとってイカ娘以上に殺すメリットと殺さないデメリットが大きい。

わかったぞ。
海東はケンを殺す気だ。

自分としてはそれに反対する理由も無いし、むしろ有り難い。
このゲームで問われている事は「一番殺したのは誰か」ではなく「最後まで生きのこったのは誰か」である。
無理に点数を稼ぐ必要は無い。
それに海東の真意を探れるきっかけになるかもしれない。
思い通りに事が進めば、人はつい気が緩みやすくなる物だ。

ならば泳がせてみるか。







‡ ‡ ‡









 …まあ気張って早く殺しあうんだな。
 それと忘れるところだったが、禁止エリアの指定だ。

 19時にD-2 20時にD-3 21時にG-2 22時にG-3 23時にG-4 24時にF-3だ

 そういうことだ。精々がんばるんだな』

同時に西から爆音が押し寄せる。
それきり、放送は聞こえなくなった。

(ディケイドが死にましたか…意外ですね…)

海東は最後の順番で遊星に首輪を解除してもらった。
そして外し終わった直後で放送の時間となった。
解除した首輪は遊星が何かに使えるかもとデイバックに入れた。


「なるほど、そういう事だったか…」

解除した首輪を前に遊星が呟く。

「落ち着いて下さい、遊星さん」

「まあここら辺の事は読めてたようなものでした」

「彼らはハナから首輪に拘束力を期待していなかった。という事ですね」

「悔しいが…そういうことだ」

(この男はもう用済みではありますが…まだこの技術を利用する機会は十分にあるでしょう)

(しかし、このキチガイは…完全に不要ですね。殺しても問題ないでしょう)

海東はケンを見る。
首輪を解除した事でまだ浮かれている様だ。
考えながら、遊星と話を続ける。

(先ほど訊いた限りではあのリュウセイの仲間のようですね…)

(友人を山車にすればこいつを誘き出して殺す事もできるでしょうが…)

(不動遊星…少しばかり邪魔ですね)

この不動遊星という男、先ほどから常にこちらを視界に入れている。
端から見ればそういった嗜好の人間にもみえる。
ちょうどあのAVの野獣と化した田所とやらの目もあんな感じだった。
だがそうではないだろう。
自分の事をかなり警戒している様だ。
これでは少し動きにくい。



「遊星さん、たなびたい事があるんだ」

不意に遊星に向けられた声は、星君からだった。
当然ながら遊星が答える。

「何か用があるのか?」

「うん、ちょっと来てほしいんDA」



「わかった、できれば早くしてくれ」

そういって星君と遊星は先ほど星君が調べた物置きに入っていった。

珍しい事もある物だ。
だがこのチャンスを逃さない手は無いだろう。
幸い早苗とイカ娘はあの獣に夢中だ。

手招くようにケンに声をかける。

「ケンくん、ちょっと訊いても良いかな?」

「ん、なんだおっさん?」

「まあついてきてほしい、リュウセイ君の事について君からいろいろ訊きたくてね」



そういって海東は目立たないようにケンを館から連れ出した。

電磁サイリウムを後ろ手に持ちながら。



「で、リュウセイがどうかしたn…」








(腹パン)

強烈な痛みがケンの腹部を襲う。
それが海東の拳によって行われた。と知った時にはもう遅かった。

頭が痛い。否、痛いを通り越した何か。

ー何かで叩かれている。

ーヤバい、ーこのままじゃ死ー


「てめっ…!」

ケンはそれでももがく。

だが。










【竜昇ケン@人造昆虫カブトボーグ V×V 死亡】








(思ったより手こずりましたね…)



今はもう「ケン」ではなく「死体」に成り果てたそれを抱かえ、海東は心の中で呟いた。

(ブレイブバックルの制限が解けていないようなのは困った所ですね…)

首輪とは別に課せられているのか、ブレイブバックルの制限が解けた様子は無い。
とは言え変身しては目立つ可能性があるので解けたとしてもここでは使わなかったであろうが。
変身して殺すのではなく、豚の屠殺のようにケンの頭に電磁サイリウムを叩き付けて殺す事になった。
結果としては十分良い方だろう。
返り血も付かないので大分怪しまれにくい。



(どのみち此処にはもう未練は無いですし、ここから動いてしまえば死体は見つからないでしょう)

そう思い、ケンの死体は裏の草むらにでも隠す事にした。
落ち葉の山を掘り返して遺体を置き、その上に枯れ葉や枯れ草を積み上げる。
これで遠目にはわからないだろう。
我ながら完璧



「見てしまったぞ」





…ではなかったようだ。

厄介な事になった、が。

「そう敵意を向けなくて良い、むしろお前の判断は正しい」

「そいつが本当に首輪を解除できたかは最早どうでも良い事だからな」

「私はあなたを殺そうと考えている所なのに…妙に友好的ですね」

「当然だ…今お前を失うのは少々惜しい気がしてな」

「私の部下になれ。見逃してやる」

これは交渉という物だろうか。
だが海東は目的の為なら手段を選ばない人間である。そこに恥も外聞も無い。

「参りましたね…」





「…いいでしょう」

故に交渉は成立した。
そしてムラクモはフン、と小さく笑いを漏らした。


やはりこうするだろう、とムラクモの予想は当たっていた。
キチガイには何か特別な力がある。
などという憶測を付けてこのケンというキチガイに興味を持ち、殺さず様子を見ていた。
だが遊星の手によって首輪が外されてしまった以上この男は不要。
最も首輪が無くても主催側は参加者をいつでも殺せるとわかった以上遊星の助力も徒労に終わってはいるのだが。



§ § §





(まずい…海東から目を離してしまった)

星君との話を終えた遊星は急いで広間の部屋に戻る。

しかし、そこに海東の姿は居ない。
そしてケンとムラクモの姿も無かった。

(遅かった!)

「海東は何所に行った!?」

「えっ…そういえばいませんね、何所へ行ったのでしょう?」

「クソッ!」

遊星は舌打ちし、入り口の扉を開けようとする。
ノブに手をかけようとした瞬間、逆側にノブがひねられ扉が開く。
つまりそれは、向こう側の人物が遊星より先にドアを開けたという事。

「遊星さん、ケン君が…!」

ドアを開けたのは海東であった。

「ケン君が…だと、お前」

遊星は怒りをあらわにする。
こうも速く動いてくるとは思わなかった。

「ケンがリュウセイの所へ行くと言って、一人で何所かへ行ってしまったんです」

「それは本当なんだろうな」

遊星は疑ってかかる。

「念のため此処の辺りを調べさせてもらっても良いか?」

「そう疑うな、この男は間違っていない」

いつの間にか海東の隣に居たムラクモが会話に割って入る。

「俺も見た。北の方に走っていくケンをな」

「そうか…」

「だが何故止めなかった?」

「止めたられたならこんなに騒いでないだろう」

再びムラクモは答える。

「実際ケンは一人で突っ走るような奴だしね」

星君も会話に加わる。
一応納得したのか、遊星は口を閉じる。

「…わかった、北の方に向かったんだな?」

「はい」

間を置いて遊星が振り向く。

「みんな、ケンがリュウセイって人の所に勝手に行ってしまったらしい」

「探しにいきたいが此処で別れると危険だと思う。だから一緒についてきてくれないか」

「大丈夫だ、問題ないゲソ」

イカ娘が遊星の呼びかけに応える。

「よし、じゃあ準備ができたら行くぞ」


こうして陰謀渦巻く一行は見事遊星らの籠絡に成功した。
星君、ムラクモ、そして海東の真意は何なのか。
それを皆が知るのはそう遠くない未来であろう。




【H-04 光写真館前/1日目・夜】



【海東純一@仮面ライダーディケイド】
[状態]:( ^U^)申し訳ございません、このような健康体で。首輪解除
[装備]:グレイブバックル@仮面ライダーディケイド、電磁サイリウム@COBRA THE IDOLM@STER
[道具]:基本支給品(一食分消費)、電光戦車@エヌアイン完全世界、外部AI@MUGEN
   AT-4@魔法少女まどか☆マギカ、権兵衛の書置き(偽)
[思考・状況]
基本:優勝して、元の世界を支配する。
 0:取り敢えずここを離れる。
 1:街にでも向かってみましょうか
 2:表向きは対主催として振る舞い、集団の中に潜む。
 3:早苗達と行動を共にする。 特に遊星は生かしておいて損はない
 4:ノーリスクで殺人が可能な武器が欲しい。
 5:グレイブバックルの制限は首輪とは別にかけられている様だが…。
 6:ディケイドは死んだか…
 7:AIを搭載した電光戦車は切り札。
※「ディエンドの世界」編終了後からの参戦
※鬼柳とさやかを死んだと思っています。
※大変胡散臭い表情をしていますが、本人はそれに気付いていません。
※グレイブバックルは一度使うと2時間使用不可になります。
※電磁サイリウム@COBRA THE IDOLM@STER、AT-4@魔法少女まどか☆マギカを早苗から譲り受けました
※早苗のことは別の世界の仮面ライダー住民だと思っています。
※権兵衛の書置きを偽造する為、支給品のどれかの説明書の端を破り取ったようです。
※ブレイブバックルの制限は支給品として独立してかけられている為解けていません


【東風谷早苗@守矢一家コスプレ劇場】
[状態]軽傷、霊力消費(小) 首輪解除
[装備]無し
[道具]基本支給品 (一食分消費)
    VGカード『幸運の運び手エポナ』@カードファイト!!ヴァンガード、権兵衛の考察メモ
[思考・状況]
基本行動方針:殺し合いには乗らない。
0:ケン君を追いかけないと
1:権兵衛を追って光写真館に向かう。
2:ムラクモを守りたい。
3:海東さんはさすが仮面ライダーだ!
4:北東から見えたあの光は……?
5:守矢の巫女として信仰を集める。
6:博麗神社は後で改めて訪れたい。
7:権兵衛さん…
8: \  /
9: ●  ● この会場では常識に囚われてはいけないのですね!
10:" ▽ "
11:ケン君は更正させなきゃ(使命感)
※権兵衛が光写真館に向かったものと思っています。
※海東を正義の仮面ライダーだと信じて疑っていません。
※ムラクモはただのミリオタの少年だと思ってます。


【ムラクモ@アカツキ電光戦記】
[状態]:貧血、疲労(中)、ダメージ(中)、右足に刺し傷(処置済)、身体が十二歳程になっています 首輪解除
[装備]: 六〇式電光被服@アカツキ電光戦記、十六夜咲夜のスカート
[道具]:基本支給品(一食分消費)、マッド博士の整形マシーン、ポラロイドカメラ、
[思考・状況]
基本:主催も含めて皆殺し。
1:早苗はいつか絶対に殺すが利用できるなら生かす。
2:海東を警戒しつつも一時的に協力。
3:無力な少年を装い彼らと行動を共にして隙を見て支給品を奪い殺す。
4:怪我の回復にも専念する。
5:早苗を利用すればオリーブオイルを入手できるかもしれない。
6:もこみちざまあwwwwwwwwwwwww
※海東が自分の思惑を見抜いていると思っています
※権兵衛の考察メモを読みました。
※早苗が現人神である事、奇跡を起こす程度の能力の一部を知りました。




【星君@チャージマン研!】
[状態]:右手に野獣先輩のアレが付着
[装備]:金属バット@現実 、キリン装備@モンスターハンター、地の石@仮面ライダーディケイド、首輪解除
[道具]:基本支給品(一食分消費)、双子シグナーカードセット@遊戯王5D's、謎の白い液体@THE 世界遺産、王宮内で手に入れた食料と武器、フランクのカメラ@デッドライジング、
   射命丸のカメラ(30/30)@東方Project、士のカメラ(30/30)@仮面ライダーディケイド、
   射影機(30/30)@零~zero~、カメラのバッテリー@現実×2、十四式フィルム(30/30)@零~zero~×2、フィルム@現実(30/30)×3
   カブドボーグとチャ-ジマン研のDVD、早苗のフィギュア
[思考・状況]基本思考:母星や仲間のために殺し合いに乗る。
0:海東の目的を知る為、敢えて泳がせてみる。
1:チャージマン研は最優先で抹殺する。
2:チャージマン研、アルセーヌ(名前は知らない)を警戒(特にチャージマン研)。
3:これから毎日、不意討ちしようぜ!
4:遊星とイカ娘は人間なのだろうか。
※参戦時期は不明ですが精神病院の事は知らないようです。
※遊星に何を頼んだかは後の人にご一任します。


【イカ娘@侵略!イカ娘(イカ娘の侵略実績のご紹介)】
【状態】】疲労(小)、深い悲しみ、殺人者への怒り、強い決意、首輪解除
【装備】いつもの服(少し破けてる。あかりの血で汚れている。)
【道具】ヴェルタースオリジナル×1、ポケットに入るだけの食料品(すぐ食べれるような物)、地図
    毘沙門天の槍、ドーピングコンソメスープ×2本@魔人探偵脳噛ネウロ、ATTACK RIDEてれびくん@仮面ライダーディケイド
    観葉植物くん@真夏の夜の淫夢、DMカードセット(氷結界の龍ブリューナク、グングニール、トリシューラ)@遊戯王DT
【思考・状況】
基本:殺し合いを止め、主催を打倒する
1:他の参加者と協力する
2:あかり……
3:どうやってれもんをここに持ってきたんだろう?
※E-09にあかりのバックが放置されています。
※海の家れもんを自分の世界から何らかの技術で持ち出された物と考えています。
※ポケットに入るだけの食料品はデイバックに入れました。
※首輪探知機は見落としました。


【不動遊星@遊戯王5D's】
[状態]:疲労(小)、主催者達に怒り、首輪解除
[装備]:デルタイーグル@遊戯王5D's(操縦中)
[道具]:基本支給品、サイバーZ一号のベルト@真夏の夜の淫夢関連、レッド・デーモンズ・ドラゴン@遊戯王5D's(二日目午前まで使用不可)
ライダーズカード一式@仮面ライダーディケイド、沈黙の騎士ギャラティン@カードファイト!! ヴァンガード
大量の玩具@現実、玩具を弄る為の工具@現実、武器になりそうな物@現実(包丁や鋸など)、鬼柳のハーモニカ@遊戯王5D's
解除した首輪×7、分解した首輪
[思考・状況]基本思考:殺し合いの打破
1:ケンのもとへ向かう。
2:海東純一を警戒。先程の爆発との関連も考慮
3:ありがとウサギ…
4:首輪の構造の簡素さに疑問。
5:自分のカード達や仲間を探す。
6:勝治を攻撃した誰かに警戒。
7:許せ、少年
※勝治が今までしてきたことを聞きました。ただし、アルセーヌを覗き見してたことは聞いてません。
 また、田所(野獣先輩)が勝治に一服盛ったと思っています。
 また、ケンが生きてると言う勝治の説に疑心的です。
※勝治の首輪には不具合が起きていると推測しています。
※主催側に何か不都合な事が起きていると推測しています。
※権兵衛からリュウセイと少年(ムラクモ)の現状、危険人物の話を聞きました
※麗華達と情報交換しました。
※この会場が人工的に作られた物では無いかと考えています。


【淫夢くん@真夏の夜の淫夢】
[状態]:疲労(微小)
[思考]:基本思考:ヴォー・・・
0:ヴォー・・・
1:ヴォー・・・・
2:ヴォー・・・・・
3:ヴォー・・・・・・
























海東がミスを犯していたのだろうか。
もしそうなら海東がもっと入念に首をおるなど処置をしておけば良かった話である。

だがそうだったにしても、死ぬ死ぬ詐欺とは簡単には破れない物である。
しかし本来ならケンには死ぬ死ぬ詐欺は余り起こっていない。
首輪の解除による制限の無力化か、それともニコニコ補正か。

ただ、はっきり言えるのは写真館の裏にはまだ小さな命の灯火が残っているという事である。



【竜昇ケン@人造昆虫カブトボーグ V×V 生存確認】



【H-04 光写真館裏/1日目・夜】



【龍昇ケン@人造昆虫カブトボーグ V×V】
[状態]:疑心暗鬼 激しい怒り、天才、 奥義チャイナクック・マーベラス・満漢全席を取得、早苗に惚れた 、疲労(小)、首輪解除、意識不明
[装備]:エレクトリカル・スピードワゴン@人造昆虫カブトボーグ V×V
[道具]:なし
[思考・状況] 基本:皆、俺に着いていけないのでボコボコにする。
0:あのニヤついたおっさんは殺す。
1:色んな奴をボコボコにして天野河リュウセイを誘き出す!
2:さっきのオッサン達もボコボコにする。
3:早苗は可愛いし、変な生き物や男じゃなさそうだから一緒に居てもいいかな。
4:あのムラクモって奴もカツミ並みにスカート似合ってたな。
※松岡勝治が死んだと思っています
※正気に戻りましたが、錯乱しています
※この会場にいる女は全員、男か謎の生物が化けたものと思っています、ただし若干都合の良い解釈もするようです
※幾多の激戦を潜り抜けた事により、チャイナクック・マーベラス・満漢全席を取得しました。
※彼の言ってる事は全て妄言です。
※生きてました。



sm163:レ陰謀クルーズ(前編) 時系列順 sm164:首輪解除×脱出×ぼっち
sm163:レ陰謀クルーズ(前編) 投下順 sm164:首輪解除×脱出×ぼっち
sm163:レ陰謀クルーズ(前編) 不動遊星 sm166:ニコロワγ流星群(前編)
sm163:レ陰謀クルーズ(前編) イカ娘 sm166:ニコロワγ流星群(前編)
sm163:レ陰謀クルーズ(前編) 東風谷早苗 sm166:ニコロワγ流星群(後編)
sm163:レ陰謀クルーズ(前編) 海東純一 sm166:ニコロワγ流星群(後編)
sm163:レ陰謀クルーズ(前編) ムラクモ sm166:ニコロワγ流星群(後編)
sm163:レ陰謀クルーズ(前編) 龍昇ケン sm166:ニコロワγ流星群(後編)
sm163:レ陰謀クルーズ(前編) 星君 sm166:ニコロワγ流星群(後編)



| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー