※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

殺し合いやめますか?人間やめますか? ◆J/0wGHN.4E






「水…水…」


森の中を水を求めて彷徨う幽鬼が一人。
世紀末の吸水主こと、ケンシロウである。


ロックオンの水を奪い、血を吸い、それでもなおケンシロウは水を貪欲に求め続けていた。
これほどの飽くこと無き渇望と、屍人化によるどこかおぼつかない足取り。
それが先ほどケンシロウを幽鬼と著した拠り所である。



しかしながらその屍人化も大分息を潜めてきたようだった。
すでに堕辰子が元の世界に帰ってから6時間近く経過している。
少しずつ、赤い水を飲む前の記憶とこのロワに参加する前の記憶を取り戻していた。



水。


ボウガン。


水。


ジャッカル。


水。


そして水。



…結局屍人化時とそれ程思考に差がないように思えるのは仕様である。


ケンシロウにとって殺し合いなどには毛頭興味はなかった。
誰が誰を殺そうが誰が主催に歯向かおうが知ったことではない。
目の前に水さえあればそれでいい。
だが、水を横領するような者がいるならばたとえ幼女であろうと北斗懺悔拳も辞さない。





徐々にケンシロウは思考が回り始め、ただ森を徘徊していても、水や血と出会える可能性は低いことに気がつき始めていた。
行き当たりばったりでは満足に水は得られない。
何か人の集まりそうな場所は無いかと森の少し開けた場所を探し、そこで辺りを見回す。


「…あれは…街…」

ケンシロウが目を付けたのは西南西の方角の市街、ゲキド街である。
幸いこの場所より標高の低い場所にあり、西向きの斜面のようなので夕日のお陰でギリギリ全容を見渡せる。
見る限りそれ也の規模はあるようだ。

街ならば水には事欠かないだろう。
早速ケンシロウは街へゆっくりと足を運ぶことにした。




$$$$








(意外とおいしいなぁ…)



森の茂みの中で何かを頬張る少女。

河童の妖怪、河城にty…にとりは行動を食べ物探しから回復に切り替えていた。


先ほどの人間との戦いでかなりのダメージを負った上、結局逃がしてしまった。
狙撃銃もスタイリッシュ爪楊枝も破壊され、残された武器は折れたユキアネサと現地調達の刀剣位である。質も良い物とは思えない。
こんな状況に置かれてもまだ食料調達を続けよう物なら今度こそ命を落としかねない。

とりあえず、今は休憩と回復に専念し、食料探しは後回しにする。
時間はまだ余裕があるし、しっかり休んで回復してからでも食料探しは十分間に合う。
それに加え今は夕方である。夜になってから食料探しをした方が不意をつきやすい。


(野菜もあるしけっこうヘルシーだね)


先ほどからにとりが口にしているのは、確認済みの自分の最後の支給品である。
説明書には「風の谷のナウシカ風シチュー」と書かれていた。


にとりは休息の間、できるかぎり回復を早める為に食事をとることにした。
そのうち、一人分の基本支給品とこのシチューを食べ、残りはお弁当として手をつけずに取っておく。


食べてみれば、クリームのまろやかな風味と隠し味のチーズによる滑らかな口触り。
にとりがそのシチューを口にする分には、何のことも無い。ただのおいしいシチューである。









ただ、その形と色合いが明らかに食べ物のそれではなかった。

目に突き刺さる程鮮やかな青緑色。

奇妙な甲殻類のような生物を模したと思われる独特の盛り付け。


妖怪であるさすがのにとりとしても、これには食欲が失せた。
赤黒い鮮血の色や新鮮な内臓のピンク色ならまだ食べる気にはなったのだが。

だが、今のこの状況となっては見た目に吝嗇をつけている暇など無い。
説明書を読む限り、毒は無いようなのでとりあえずそれを信用して食べているのだ。

風の谷という場所は聞いたことが無い。
もしかするとそこにナウシカという妖怪がいて、その妖怪の食べる物なのかもしれない。
見た目はともかく味に文句は無いのでもしそうだとしたら会ってみたいものである。







(ごちそうさま!)



毒々しいシチューを平らげ、にとりが手を合わせる。
どうやら毒は無いという表記は本当だった様だ。
見た目は悪いが思ったよりボリュームがありお腹も十分満足したし、心なしか疲れも取れてきた気がした。
後はこの殺し合いについて考察でもしながらもう少し休もう。

にとりがそう思った時、



「?」



何か森の奥で只ならぬ気配を感じ、思わず身構える。

(誰かくる…人間?)

にとりはそっと気配の先を見つめる。
しばらくして、気配の在処から影が浮かび上がってきた。
その影は大きな人影のようであったが、どこか力なくふらふらとしていた。
服装からして昼の大男とは違う様だが、どうやら手負いの様だ。


にとりは悩む。

(どうしよう…怪我してるみたいだし…)

おぼつかない足取りを見るにそれほど体力は残っていなそうだ。
自分もまた手負いだがあれなら仕留められるかもしれない。食料調達にはうってつけだ。
それに体積が大きい。先ほどの幼女のような新鮮さは無いだろうが回復にはもってこいであろう。

(いけるかな…?)

にとりはユキアネサを構える。


大きな影が森の開けた所で立ち止まる。

(よし!今なら襲え…)

影が夕日に照らされ、その姿を現す。


その姿は



















……


………


やめよう。



あぶない。



きけんだ。




にとりの心の中でそんな声が響いた。

夕日に照らされた男の姿は、とてもにとりの求めるおいしい人間のそれとは思えなかった。

まず、その体が口元から腹の辺りまでべったりと血に染まっていた。
自ら吐血したにしては妙ではないか。
立った状態で吐いたなら顔を前に出し、屈んだ状態になるからあそこまで血がかかることはほとんどない。
寝てる状態なら顔を横に向けるはずから服に血は余りかかりにくいし、もしあれほどその体位で吐いたにしても、地面に染み込んでしまう分を考えれば命に関わる程の血が必要である。
そこまで口から血を吐けるのは流石におかしい。

ならば考えられるのは他者の血である。
口から垂れているのが他者の血であるならば話は早い、あの男は誰かの血を吸ったのだろう。
匂いは人間に近いが血を吸うような人間はいない。妖怪かなにかと見ていい。

これだけならむしろにとりは協力者と思い、馴れ馴れしく声をかけていただろう。
血を吸う種族なら幻想郷にも普通にいる。朝方放送で呼ばれたレミリア・スカーレットがそれに当てはまる。



そして、もう一つのその男の特徴がにとりが本能から危険と判断した最大の理由だった。



目から血が流れていた。
それだけである。

目と口から溢れる血、うつろな目。その顔は断じてまともな者とは言え無かった。
それは吸血鬼や妖怪と言うよりもおぞましい幽鬼の類い、
狼憑きめいて貪欲に餌を探し求めるそれの目である。
目から血が流れるというのは尋常なことではないだろう。
おそらく目は見えているようなので怪我をしているとも思えない。

さきほどの病弱な子供もそうだが、ああいうものも食べたらまた変な病気をうつされそうである。
だが、その180cmを超えるを超えるような体躯におぞましく血塗れた顔はその少年と比べ物にならない程、にとりに身の危険を感じさせた。



話の分かるような相手じゃない。


あれは確実に殺し合いに乗っている。



あれが人間ならともかくも妖怪なら体格差でこちらの方が不利だ。
今戦いを仕掛けるのも得策とはいえないだろう。

光学迷彩を発動しているお陰か、幸いこちらには気付いていない様だ。
ならば今の所は息を潜め、この場所で男が去るのを待つしか無い。






やがて男が一点を見据えると、何かを決めたかのようにその方角へと歩んでいった。

(あっちは確か街の方角…)

参加者を探しにいったのだろうか。否、殺害対象と言った方が相応しいか。
このままでは街に参加者がいたら危険な目に遭いかねない。餌の人間が減ってしまう可能性もありうる。
できることならば、街に先回りして参加者に警戒を呼びかけるか街から逃がしておきたい。
だがそこまでする体力は余り残されていない。
多少回復したとはいえにとりはまだ飛ぶことも満足にできないのだ。

(ここは待つしかないか…)

不本意だが今は市街地は諦め、ここで自身の回復を待つしか無い。
気配を殺し、茂みの中でじっと男が過ぎ去るのを待つ。
気づかれぬことをにとりは祈るばかりだ。




そう思う間に男の影は森の夕闇に消えていった。




時刻は18時となり、定時放送のサイレンが鳴り響いたのはそれから間も無い話である

【D-03/一日目・夕方】



【ケンシロウ@北斗の拳(真・世紀末死あたぁ伝説 )】
[状態]:ダメージ小(水により回復)、屍人化回復中…
[装備]:なし
[道具]:基本支給品一式(水無し)、不明支給品×3
[思考・状況]
基本:水か血が欲しい(優先は水)
1:水か血を飲む。出会った参加者からどちらか分けてもらう。
2:水を求めて街へ向かう。
3:湧水があるなら確保しておきたい。
4:ラオウを追い、今度こそ確実に倒す。
5:士(名前は知らない)はいいやつだ。
6:水を汚した奴(譲治)を探し殺す。
※堕辰子が帰った影響か屍人化は停止し思考力も大分戻ってきています。夜頃には完全に回復するでしょう。
※屍人化していた頃の記憶はかなり曖昧です。第2回定時放送の内容もほとんど覚えていません。




【河城にとり@きゅうり味のゆっくりしていってね!!!】
[状態]:疲労(中~大)、ダメージ(大)(両方とも回復中)
[装備]:光学迷彩スーツ@東方Project、氷輪丸@BLEACH
[道具]:基本支給品×2(食料少し消費)
     お米@現地調達品、きゅうり@現地調達品、刀剣@現地調達、工具一式@現地調達、改造半田鏝@現地調達
     肉焼きセット@モンスターハンターシリーズ
[思考・状況]
基本:殺し合いには乗らない。
0:しばらくの間ここで体を休める。
1:さっき走っていった妖怪(美樹さやか)を探す。
2:聖…。
3:他の参加者を探す。
4:首輪の解除法を模索する。主催者に知られずに調べる必要がある。
5:殺し合いに乗っている強い参加者を警戒。
6:他の参加者と会ったら、一緒にお弁当を食べよう。
7:入道(雲山)と鳥の妖怪(松風)はあの人間(ティンカーベル先輩)を食べようとしてたのかな?
8:オリーブオイルを探しておく?
9:人間……大好き!!
10:美味しかったな…。
11:今は街に向かわないようにしよう。
※人間を見るとにちょりになって襲い掛かります。
 人間以外にはいつものにとりで接します。が、少し怪しいかも。
※首輪が何らかの方法で主催者に情報を送っていることに気付きました。
※右代宮譲治が犯人だと知りました。
※疲労が激しく、弾幕が自由に扱えない状態です。休息すれば回復します。
※もこみち達の情報交換を盗み聞きしています。
※ケンシロウを危険視しています




【支給品紹介】


【風の谷のナウシカ風シチュー@『風の谷のナウシカ風シチュー』を作ってみた】
味は普通のクリームシチュー。
元はクラムチャウダーだったのだがアサリが無かったのでシチューに。
王蟲の抜け殻と腐海をイメージしたものであり、青色1号のせいで毒々しい程色が青白い。
盛り付けも同様であり、王蟲の体はパンと卵焼きでできている模様。
参考動画
ttp//www.nicovideo.jp/watch/sm13802408
※サムネの時点であっ(察し)となる可能性高




sm152:最期の戦い 時系列順 sm155:おかげさまでフランク達はドラゲナイことになってるんです
sm153:人探 HITO SAGA 投下順 sm155:おかげさまでフランク達はドラゲナイことになってるんです
sm141:世紀末吸血主 ケンシロウ sm160:これマジ?首輪が貧弱過ぎるだろ
sm152:最期の戦い 河城にとり sm167:新にとり計画




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー