古橋一浩


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


日本アニメーション版 監督 : 古橋一浩(TV)



『ハンター×ハンター』その創作の裏側とは?


●古橋一浩監督特別インタビュー

意図×時間×後ろ姿
「るろうに剣心」など、過去に数多くのTVアニメを手掛けてきた古橋一浩監督。
今回はその監督に、アニメ「H×H」という作品の本質を伺った。

「その場面にあった見せ方をしぼりだしていきたい」

『H×H』を初めて読んだ時の印象を教えていただけますか?
古橋  表現の点描が非常にうまい。
リズミカルで少ない表現が的確に、きちんとドラマをおさえている。
そして最小限で最大限の印象をあたえるところにすごさを感じましたね。

冨樫先生からは、アニメに対するご要望などはありましたか?
古橋  原作では出来ない部分の動きを描いて欲しいと。
あと、オリジナル部分が見たいということでしたので、軍艦島でのお話を作りました。

あのオリジナルストーリーを第3次試験のあとに挿入した意図は?
古橋  第4次試験以降に入れると話の流れが変わってしまうので、時期的にもそこしかなかった。
どうして協調がテーマになったかというと、同じニュアンスの試験を作っても流れ上意味がない。
だから相反する協調というというお題を出し、そのなかで登場人物がどう行動するか…。
それもその試験だけの話なので、軍艦島ではキャラクターが変わったように見えるけど、
あくまでもその状況のなかで、それが試験だったら合格してみせる、
合格するためには協調もするし仲良くもするという捉え方お話を作りました。
実はそれを象徴するシーンが、ハンゾーとクラピカの左手による握手なんです。

では、アニメ『H×H』を作っていくなかで、監督が一番こだわっているところを教えて頂けますか?
古橋  自分の中では『H×H』に限らないんですけど、
非常にわかりやすい、よく見る表現は多用しないようにしています。
なるべくそのシーンが一番必要としているものに、
最適なものをなんとかひねりだすといいますか…、安易に流れたくはない。

「おいしいとこどりだけの作品にはしたくない」

第24話の前半パートで、会話がほとんどでてこなかったのはなぜですか?
古橋  あれはそのあとに生きてくるものなんです。
ヒソカになぐられたあとで、ゴンが苦しんでいるシーンが、
飛行機の中でゴンがクラピカに見せた涙につながっていくんですよ。
でもあの場面を7分にわたってやることは普通ないじゃないですか。
子供はあきちゃうと思いますし。
確かに原作はひとコマしかないんです。
でも、原作のひとコマでも見ている人のなかではそのひとコマにかなりの意味があるし、
そこに時間が流れると思うんです。
しかしアニメーションの場合は本当にちゃんと時間を付随してしまうので、
それを表現せずに省略すると伝わらないと思うんですよ。
だから、あのひとコマの重みをテレビでやる時には、7分くらい必要になってくるんです。
それを逃げてるとテレビ自体がおいしいとこ取りの、楽しい部分ばかりの展開になってしまい、
伝わるものがないと思うんですよ。
その苦しみとか辛さとか孤独とか…。
だからそのへんのものを生々しく、音楽もかけず、
音だけが流れるなかでそういう心情を描くために7分間かけました。
それはあくまでも意図してなので、見た目には面白くないという意見があれば、その通りだと思います。

いよいよヨークシンシティ編に入りますが、注目しているキャラクターはいますか?
古橋  好きなだけだったらマチ。
久しぶりの女性キャラですしね。
冷たそうで、何を考えているのかわからない、しかも腕相撲は団長よりも強い。
「どんなヤツだコイツ!?」
みたいなところが非常にいいです(笑)

では、最後に今後の見どころを教えて頂けますか?
古橋  全体的に陰鬱な暗い雰囲気で、原作テイストにかなり近づくと思います。
いまのところは、あの暗い雰囲気も好きなので、なるべく再現していきたいですね。
いままで以上に原作側に戻っていくと思いますので、
アニメが苦手という人もヨークシンシティだけは見てください。
テレビの到達点みたいなところをお見せしたいと思っていますので。

本日はありがとうございました。

http://www34.atwiki.jp/newhunter-2ch?cmd=upload&act=open&pageid=81&file=150.jpg
(画像クリックで大きい画像を表示します)

http://www34.atwiki.jp/newhunter-2ch?cmd=upload&act=open&pageid=81&file=151.jpg
(画像クリックで大きい画像を表示します)



名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル