※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

#1「勇者王再臨!」


  • 場面1:オービットベース
新人隊員の視聴者顔見せ。
唐突に基地に強い衝撃が走り、警報音が鳴り響く。
至近距離に突然出現した未確認飛行物体が、
オービットベースをかすめて地球に墜落したようだ。
衝突の衝撃で一部施設が破損し、飛行物本体は見失うが、
剥離装甲の一部が市街地に落下するのを観測。
市民救護のため、大至急、地上部隊に急行の指令が下される。

  • 場面2:Gアイランドシティ
オフ日のプライベート、犬の散歩という名のデート中の護と華。
数十匹はくだらない犬に振り回されつつ談笑する傍ら、突然護のポケベルが鳴る。
ほぼ同時に、すぐそばに墜落する剥離装甲。
到着したボルフォッグの射出したIDアーマーにイークイップし、
事故現場に急行する護。
地上部隊の新世代勇者ロボ、爆竜・凍竜や、
医療班の救急車ロボなどが到着し、救助活動を行うのを指揮する。

しかし突然飛来物がゾリューダロボへと変形し、
民間人や華を襲い始める。
ガリフォンとフュージョンするも力及ばず、
ネオガイゴーへのファイナルフュージョンが承認される。
しかし戦闘を行うのは難しい市街地であるにも関わらず、
ディバイディングドライバーは先の衝突事故で使用不可能だった。

  • 場面3:オービットベース
現状打破の唯一の希望とも言うべき、新世代ハイパーツール、
ディバイディングサークラーは無事だったが、実戦投入は成されていない。
成功確率は30%程度、失敗すれば街は壊滅という。
「確率なんてただの目安だ!あとはガッツで補えばいい!」
投入が決定され、ネオガイゴーとのツールコネクトが誘導される。
一方、護の勇気を信じる凱は、
妻となった獅子王命のプログラムドライブにより
既にジェネシックガオガイガーへとファイナルフュージョンし、
その新世代ツールの成功を待っていた。

  • 場面4:Gアイランドシティ
ディバイディングサークラーとドッキングしたネオガイゴーは、
そのツール能力で、地上と宇宙をつなぐ簡易ESウィンドウ生成に成功する。
その通路を通り、宇宙から凱操るジェネシックガオガイガーが、
ボルティングドライバーを引っさげて地上に急襲し、
市街地を安全なディバイディングフィールドへと変貌させた。
戦いの末、ゴルディオンハンマーでゾリューダロボを光に変えてしまう。
華を始めとした民間人は救出され、戦いは無事終わる。

  • 場面5:オービットベース
緊急招集の形で宇宙に来た護だったが、凱との久々の再会を喜ぶ。
護が日々対処するバイオネットとの戦いとはまた違う、
新たな敵の出現の予感にGGGに緊張が走る。