※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

使い慣れたSleipnerからFirefoxに移行してみた。
備忘録的メモ。

入れてみたアドオン。
便利なものもあるが、たまにウザいと思うときもあったり。。。













Adblock Plus
とりあえず、 ここ の「正規表現によるもの」を追加してみた
ツール → アドオン → Adblock Plus → 設定 → (右クリから)貼り付け




blogimg.goo.ne.jp 阻止
dtiblog.com 阻止
fc2.com 阻止
webry.biglobe.ne.jp 阻止
stat.ameba.jp 偽装
stat001.ameba.jp 偽装
yahoo blog(img.blogs.yahoo.co.jp)は ImageContentTypeProblem.user.js をインストールすれば元サイトに行って画像表示にはできるものの、検索画面のままでマウスオーバーで拡大させる方法はないかと色々ググったが挫折。スクリプトとか書ける人尊敬します。

検索エンジン追加



検索バーの右側に検索履歴を出すボタンを表示


メモ帳を起動し
#searchbar .autocomplete-history-dropmarker {
display: -moz-box !important;
-moz-binding: url("chrome://global/content/bindings/autocomplete.xml#history-dropmarker");
}
↑の内容をコピペし
ファイル名:userChrome.css   文字コード:UTF-8
で保存したら
C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Application Data\Mozilla\Firefox
\Profiles\********.default\chrome
のフォルダに置く。


検索バーの右側に検索エンジンのアイコンを表示

http://www.bf-web.net/~goldfish/diarybbs.php?mode=view&id=389 と
http://sot528.net/blog/?p=56 より

まずは
userChrome.js
をインストールする。 userChrome.js をインストールすると
C:\Documents and Settings\[ユーザー名]\Application Data\Mozilla\Firefox
\Profiles\********.default\chrome
に、userChrome.js というスクリプトが作成されるので、スクリプトをメモ帳で開き
http://www.bf-web.net/~goldfish/diarybbs.php?mode=view&id=389
のサイトに書かれている
/* :::::::: Sub-XUL Loader ::::::::::::::: */
以下の内容をコピペして追加し、保存する。次に
searchbutton.uc.xul
をダウンロードする。 searchbutton.uc.xul ダウンロードしたらメモ帳で開いて
  buttonName: [
    "Google",
    "Amazon.co.jp",
  ],
の部分を
  buttonName: [
    "Google (イメージ safe=off)",
    "Google (Map)",
    "goo 辞書 (すべて)",
  ],
のように、事前に追加した検索エンジンの名前に変え、文字コードは
UTF-8
で保存し、userChrome.js と同じ場所に保存する。

firefoxを再起動して完成。

うまくいかない時は
  • ファイル名が「searchbutton.uc.xul .txt 」になっていないか?
  • 文字コードは「UTF-8」形式か?
  • buttonName は検索バーに出ている名前と同一か?
を確認する。