※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Samurizeとは

Rainmeter や AveDesk のようにデスクトップにシステムメーターや天気予報などを
表示させたりするソフトです。

システム情報、トラフィック情報、天気予報、ニュース、テレビ番組表、音楽CDジャケット・歌詞を自動表示、サウンドプレイヤーの操作などを使用している人が多いようです。

詳しいことはSamurize Wikiの『Samurizeとは?』に目を通すと良いでしょう。
ちなみに、以後やることはSamurize Wikiに全て書かれていることです。

自由度があるのでテクニックとセンスさえあれば綺麗なデスクトップができます。 有名な方の見本



今回やってみること

Samurizeはデスクトップだけではなくタスクバーに表示させることができます。
これを利用しシステムモニターをタスクバーに作ろうと思います。




タスクバーにシステムモニターがあるのはとても便利です。ただし、タスクバーが狭くなってしまいます。そこでIME Watcher for Windows XPを使って領域を確保しましょう。



インストールと日本語化

Samurize本体




                                                                      



  • ここをみながらインストールしてください。
    タスクバークライアントを使用しますのでインストール後はPCを再起動してください。

日本語化パッチ



Samurizeを起動する

日本語化まで終わったらSamurizeフォルダを開いてみてください。
基本的には『 Config.exe 』で構成ファイルを作成し『 Client.exe 』で実行すると考えてください。

plugins フォルダ』や『 Scripts フォルダ』は拡張機能とでも考えればよいでしょうが、
本来はこちらを使って作るのがメインです。

InstanceManager.exe 』は構成ファイルを複数起動させたりするものです。
本格的に作るとなると必要になってきます。

  • それでは『 Config.exe 』を起動してください。








-
-