「ヘキサゴン」代役立て継続も(2011-08-27)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

元タレントの島田紳助さん(55)が司会を務めていたフジテレビ系「クイズ!ヘキサゴン2」(水曜・後7時)の継続が検討されていることが26日、分かった。レギュラー出演しているお笑いコンビ「FUJIWARA」や「品川庄司」が代役候補。テレビ東京系「開運!なんでも鑑定団」(火曜・後8時54分)は今田耕司(45)がピンチヒッターに決定。吉本興業の後輩が穴を埋める。

 24日の放送に続き、31日放送分の差し替えも発表されているフジテレビ系「クイズ!ヘキサゴン2」。紳助さんの色が濃い番組のため、打ち切りは確実と見られていたが、関係者によると「継続」も視野に入れて、検討が続けられているという。

 番組は9月7日放送分まで収録済み。紳助さんが出演している、これらはすべて“お蔵入り”になる見込み。一方、14日放送分以降の収録は9月上旬に予定されており、現段階で「中止」の連絡はスタッフや各出演者の所属事務所には入っていないという。

 24日に放送された差し替え番組「タカトシ・温水の1000円握って食べまくり旅 名作アンコールSP」は前週より3・4ポイント低い8・6%と苦戦した。同局にとって放送休止の影響は大きい。さらに、番組から誕生したユニット「サーターアンダギー」が10月7日に都内でライブを予定しており、チケットも既に売り出されているなど、継続企画があることも簡単には打ち切りにできない理由のひとつだ。

 紳助さんに代わる司会の有力候補は、レギュラー出演しているお笑いコンビ「FUJIWARA」や「品川庄司」。関係者は「外部の“大物”を起用しても成立しない。番組の空気感が分かっている人じゃないと務まらないと思う」と説明した。ゴールデンタイムの新番組を立ち上げるにはかなりの準備期間が必要。新たな企画がまとまり次第、「―ヘキサゴン2」を打ち切る可能性もあるが、当面はファミリーで乗り切ることになりそうだ。