三遊亭円楽さんが肺がんのため死去(2009-10-29)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

★三遊亭円楽さんが肺がんのため死去

流麗な話芸が持ち味で、テレビの演芸番組「笑点」でも親しまれた落語家の三遊亭円楽(さんゆうてい・えんらく、本名吉河寛海=よしかわ・ひろみ)さんが29日午前8時15分、肺がんのため東京都中野区の自宅で死去した。76歳。東京都出身。葬儀は近親者のみで行い、後日お別れの会を開く予定。喪主は妻和子(かずこ)さん。

 1955年に6代目三遊亭円生さんに入門し、62年の真打ち昇進を機に5代目円楽を名乗った。「笑点」の大喜利メンバーとして「星の王子様」の愛称で人気を集め、落語家タレントのブームをつくった。博学、映画好きで、師匠譲りの芸域の広さを誇った。

 78年、真打ち制度の在り方をめぐり円生さんとともに落語協会を脱退、円生さん死後は弟子たちを率いた。

 05年に脳梗塞(こうそく)で倒れ、06年に「笑点」を降板。07年2月に東京・国立演芸場で口演した「芝浜」を最後に引退を表明し、第一線から遠ざかった。弟子の楽太郎に「円楽」を襲名させることを表明していた。07年に旭日小綬章。