※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メンバー


長雄幸一(ベース)

玉城和(パーカッション)

米山博(サックス)

葛西正生(ギター)

原壮平(ドラム)


2013年末のライブに引き続き、国立の焼酎バー・かろるにてジャズ・フュージョン系の演奏をしました。前回のリベンジマッチでさらに熱く、激しく弾き倒しました。例によって、勢いのある演奏が見せられたのではないかと思います。やはりこういう演奏は燃えますね。


今回のメンバー。前回と同じメンバーですが、やっぱり怪しい。

ここのお店で演奏する時は、機材を自前で準備しています。セッティングの風景。

例によって熱い演奏。勢いが大切。やはりこういうメンバーで演奏するのは楽しいです。

実はジャズプレイヤーであることを主張すべく、鍵盤とベースのデュオなんかもやってみました。


曲目

1st stage


It Is What It Is

Pau Wau

We Are All Alone

Autumn Leaves

Beirut

Sunny

I Wish

2nd stage


Some Skunk Funk

Slap Happy

James

Goodbye Porkpie Hat

Not Yet

Red Clay

Pick Up the Pieces

encore


Song for Bilbao