※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

樊瑞・・・流星鎚→彗星鎚→七星鎚→混世魔王
【修正】一:流星鎚、二:彗星鎚、三:混世魔王、四:※北海真武君
※絵巻水滸伝にて樊瑞が召喚した神。玄武が神格化された妖魔退治を行う玄天上帝のことと思われる。
原作にも樊瑞の黒衣を纏った姿を形容する単語として出てくる(本スレ>>900)

能力値・・・バランス型
通常攻撃・・・流星鎚を振り回す。範囲は広大、間合いは広い。攻撃速度は遅め
チャージ・・・流星鎚を投げつけたり(分裂して扇状に広がる)、氷柱を飛ばしたりする。一部溜め可能
無双乱舞・・・体の周りに竜巻を纏い、移動する。○を押したままゲージの続く限り自由に動ける
奥義・・・正面方向の地面から炎を吹き上げる
得意属性・・・氷

人物登場条件
芒碭山の戦い”を、公孫勝でクリアする

チャージモーション
C1:流星鎚を正面に投げる(追加入力で三つに分裂) C2:氷柱を前方に出現させる(溜め可) C3:波の様な動きをする氷柱を前方に五度放つ
C4:全方位に氷の壁を地から出現させる(溜め可) C5:巨大な氷の腕を地から発す(溜め可) C5追加:火の雨を前方遠距離に向けて降らせる
C6:上方に鎚を投げた後、多数の鎚を降らせる C7:巨大な腕の形をした火炎と氷を左右に広げた後正面で合わせる
馬上C:下方六方向に氷の波を放つ JC:巨大な氷柱と化して真下に落下する(氷結効果)

人物間友好度
良:李袞、項充、公孫勝、鮑旭、羅真人

第四武器(燧人鉄)入手法
芒碭山の戦い(樊瑞)→イベント5の後に平原まで行き、公孫勝を撃破する

●原作での紹介
頭には青糸(黒糸)の細髪を散じ、身には絨繍の皁袍(刺繍のついた毛織の黒い上着)をつけ、連環の鉄甲(鉄の鎖鎧)を寒霄に晃めかせ、銅鎚を使い慣れて神妙(神技)なり。あたかも似たり北方真武(道家の武神で北方の帝君)の世間に怪を伏し妖を除くに。江海に雲遊し名を把って標す、混世魔王の綽号。