※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

方臘征伐戦-G “杭州城争奪戦”

ステージ構成・・・マップ上部に杭州城、杭州城の西門(湧金門)から水路が伸びて
           湖に繋がっている。水路部分は陸地から歩いて入れる
           マップ左端に山。マップ中央に長江が流れていて
           橋がマップ左端、中央、右端の三箇所に架けてある
           このステージでは杭州城の内部には入れない

梁山泊軍:★宋江呉用戴宗郁保四(マップ下端から)
       ●花栄燕順凌振(マップ中央の橋付近から)
       ●秦明黄信孔明(マップ中央の橋付近から)
       ●関勝童威童猛(マップ中央の橋付近から)
       ●徐寧郝思文(杭州城の前から)
       ●李俊阮小二阮小五孟康 ●張順(マップ左端の山の頂上から)
       ●朱仝王英扈三娘(マップ右端の橋付近から)
       ●李逵鮑旭項充李袞(イベント9後、湖の北側から)
       ●樊瑞馬麟石秀(イベント9後、マップ左端の橋の上から)

方臘軍 :●呉値-精鋭兵長×3 ●趙毅-精鋭兵長×3(杭州城の前から)
      ●茅テキ-精鋭兵長×3 ●湯逢士-精鋭兵長×3(杭州城の前から)
      ●晁中-精鋭兵長×3 ●元興-精鋭兵長×3(マップ中央の橋の北から)
      ●蘇脛-精鋭兵長×3 ●崔彧-精鋭兵長×3(マップ左端の橋の北から)
      ●温克譲-精鋭兵長×3 ●廉明-精鋭兵長×3(マップ右端の橋の北から)

イベント・・・OP:血路を開け-杭州城の偵察に向かった徐寧とカク思文が
          城から急に出てきた敵に囲まれ、斬り散らしながら
          血路を開こうとするが、徐々に敵が増えて絶体絶命に陥る

        1:関勝突撃-関勝がNPCの場合、開始直後に2将を助けに行く

        2:鉄壁-徐寧とカク思文が橋の南側まで後退するか、戦死すると
          杭州城の守備兵の多さに正面攻撃は危険だと分かり
          梁山泊軍が全軍南へ退く

        3:潜入-イベント2の後、PC以外が全軍橋の南まで退くと
          張順が湖を渡り、湧金門から潜入したいと申し出る
          張順がNPCの場合、イベント後に湖に潜り姿を消す

        4:水路へ-イベント3から一定時間後、張順が水路から出現する
          一時、湖の穏やかさに心を奪われ
          「こんな場所でなら死んでも悔いは無いというもの」
          そう呟き、水門を探り始める

        5:焦り-イベント4から一定時間後、潜入を焦る張順が
          拍子木を鳴らしてしまい敵に気付かれる
          残存敵部隊数に応じた数の敵伏兵が、張順の周りに出現する

        6:神に帰す-イベント5後、張順が敗走すると
          体が青白い光に包まれ、宋江の元へ飛んでいく
          宋江の前に飛んでいった光は張順の形となり、宋江に別れを告げる

          この時、無双モードであり、更に董平、張清、周通、雷横、キョウ旺
          この五人の将の内、戦死イベントを起こした将がいる場合は
          戦死した将が張順の魂と一緒に現れて、同じ様に別れを告げる。

        7:弔いに-イベント6後、宋江は湖の方角に張順を弔う為に
          マップ左端の橋を渡り山上へ向かう、この時に呉用が止めに入るが
          宋江は考えがあるとその忠告を遮る

        8:転機-イベント7後、宋江が山上へ到達すると湖の方角へ祈る
          そこへ今が好機と、方臘軍の全部隊がマップ西側に向かってくる

        9:伏兵-イベント8後、方臘軍の部隊が山の麓に到達すると、
          湖の北側から李逵、左端の橋の上から樊瑞率いる伏兵部隊が現れる
          方臘軍士気大幅低下

補足-イベント6を起こさず、更に徐寧、カク思文が敗走せずに一度でもクリアする事が
   SPステージ(奸臣誅滅戦)の出現条件の一つ

勝利条件・・・梁山泊軍:敵部隊の全滅  方臘軍:宋江の撃破
敗北条件・・・梁山泊軍:宋江の敗走    方臘軍:味方部隊の全滅